Linux Daily Topics

2021年9月13日 もっとも混乱したマージウィンドウ!? ―Linux 5.15-rc1が公開,正式リリースは11月に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは9月12日(米国時間⁠⁠,次期Linuxカーネル「Linux 5.15」の最初のリリース候補版(RC)となる「Linux 5.15-rc1」を公開した。⁠5.xシリーズの中ではもっとも小さいサイズ(1万超のコミット,通常は1万2,000~1万4,000)のrc1」というLinusのコメントにもあるように比較的コンパクトなサイズでのスタートとなったが,数多くの変更点が反映されたバージョンとなる。

Linux 5.15-rc1 -Linus Torvalds

Linux 5.15では,Paragon Softwareが開発した新しいNTFSドライバ(NTFS3)やインカーネルでサポートするSMB3ファイルサーバ(ksmbd)など,いくつかの大きなアップデートが含まれている。またLinusは「今回はもっとも混乱したマージウィンドウになった。その原因の最たるものが,僕がみずから招いたダメージ,-Werror(のデフォルト有効)をアグレッシブに進めようとした一連の経緯だ」とマージウィンドウ期間中に起こった-Werrorをめぐる議論について,自分の当初のマージが若干行き過ぎていたことを認めている。

開発が順調に進めば,Linux 5.15は2021年11月中の正式リリースが見込まれている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

バックナンバー

Linux Daily Topics

バックナンバー一覧