Linux Daily Topics

2021年10月13日 Snapにもっと自由を ―Ubuntu開発者によるSnapサーバのオープンソースオルタナティブ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

aptに代わるユニバーサルパッケージマネージャして,Ubuntu/Canonicalが数年前から強力に推進してきた「Snap⁠⁠,まもなくリリースされる「Ubuntu 21.10」でもFirefoxなど主要なアプリケーションがSnapパッケージで提供される予定となっている。

だが同じユニバーサルパッケージマネージャのFlatpakがさまざまなリサードパーティのポジトリを利用できるのに対し,SnapがサポートするリポジトリはCanonicalが運営する「Snap Store」のみである。リポジトリの自由度はFlatpakに比べてかなり低く,またSnapへのCanonicalの影響が強すぎることを嫌ってSnapから距離を置く開発者も少なくない。

10月初旬にUbuntu開発者であるRudra SaraswatがGitLab上に立ち上げたプロジェクト「lol」は,こうしたSnapの現状に何らかの変化をもたらすかもしれない。lolは「カスタムなSnapサーバをサポート可能なSnapの派生プロジェクト」で,現状より容易なSnapパッケージのパブリッシュと,Snap Store以外のさまざまなリポジトリのサポートをめざすとしている。

lol -GitLab

現在はベータ版の段階であり,⁠本番環境で使うことは推奨しない」とされているものの,実験的なリポジトリサーバも公開されており,ユーザはこれをフォークして独自のリポジトリを構築することも可能だ。Canonical色が強いSnapのエコシステムに一石を投じることができるのか,Ubuntuコミュニティも注目の興味深いプロジェクトが始まった。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。