Linux Daily Topics

2021年11月15日 Linux 5.16 rc-1がリリース,メモリ管理の新機構「folio」も実装へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは11月14日(米国時間⁠⁠,次期カーネル「Linux 5.16」の最初のリリース候補版となる「Linux 5.16-rc1」を公開した。マージウィンドウがオープンした時期とLinusの旅行が重なっていたこともあり,今回のRC1リリースにあたって若干のトラブルを覚悟していたというLinusだが,結果としては「すべてうまくいった(it all worked out fine⁠⁠」とコメント,次期リリースに向けて順調な滑り出しとなったようだ。

Linux 5.16-rc1 -Linus Torvalds

Linux 5.16では現バージョンのLinux 5.15よりも多くのアップデートが予定されているが,その中でもLinusが「言及する価値がある(worth mentioning⁠⁠」とコメントしている注目の機能がメモリ管理の新機能「folio(s)」である。もともとはOracleのMatthew Wilcoxが中心となって開発してきた機能で,メモリ管理用に新しい構造体「folio」が定義されている。folioにより4KBよりも大きいページサイズでのメモリの扱いが可能になり,パフォーマンスが大幅に向上することが期待されるという。folioに関してはLinux 5.15でも検討されていたが実装はされず,Linux 5.16-rc1リリース直前の11月13日付でマージされている。"folio"には(本のページの)ノンブルという意味があるが,ページ管理を効率的に行うことでメモリパフォーマンスの改善を図るようだ。

Memory folios -LWN.net
Merge tag 'netfs-folio-20211111' : kernel/git/torvalds/linux.git -Linux kernel source tree

Linux 5.16は早ければ2021年12月中か,もしくは2022年1月のリリースが見込まれている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。