Linux Daily Topics

2021年11月25日 Amazon Linux 2022のパブリックプレビューが全リージョンで提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Amazon Web Services(AWS)は11月22日(米国時間⁠⁠,⁠Amazon Linux 2022」のパブリックプレビューを発表した。これまで提供されてきた「Amazon Linux 1」⁠Amazon Linux 2」の後継となるバージョンで,カーネルにはLinux 5.10が採用されている。

Announcing preview of Amazon Linux 2022
Amazon Linux 2022 -GitHub

Amazon LinuxはAWSクラウドに最適化されたLinuxディストリビューションで,オープンソースの「Fedora Linux」をアップストリームとしており,加えてAmazon Linux 2022ではデフォルトで「SELinux」が利用可能となっている。また,Amazon Linux 2022からは2年ごとにメジャーバージョンがアップデートされ,それぞれのバージョンに対して5年間のサポートが適用されるほか,Fedoraのアップデートにもとづいた四半期ごとのアップデートをマイナーリリースを通して適用することができる。

Amazon Linux 2022は現在,AWSのすべての商用リージョンでプレビュー提供されており,既存のEC2インスタンスやAWSサービスに対しての変更も可能。またAmazon Linux 2022の起動は,AWSの管理コンソール,コマンドラインインタフェース(AWS CLI⁠⁠,AWS Tools for Windows Powershell,AWS CloudFormationのテンプレートなどから行うことができる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。