Linux Daily Topics

2021年12月7日 「OpenIndiana Hipster 2021.10」がリリース,OpenSolaris後継の最新版

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

illumos傘下のOpenIndianaプロジェクトは12月5日,OpenIndianaの最新スナップショットとなる「OpenIndiana 2021.10」のリリースを発表した。前バージョンの「OpenIndiana 2021.04」⁠2021年5月)以来,7ヵ月ぶりのアップデートとなる。

OpenIndiana Hipster 2021.10 is here -openindiana

リリースによればOpenIndiana 2021.10では「過去にサポートしてこなかったハードウェア」をサポートしているといる(ハードウェアの詳細についてはリリースに記載なし⁠⁠。ローリングリリースであるため,すでにOpenIndianaをインストール済みであれば再インストールする必要はなく,アップデートコマンドを入力するだけで2021.10への移行が完了する。

OpenIndianaは,旧Sun Microsystemsが開発していた「OpenSolaris」からフォークしたillumosのコミュニティエディション。illumosが提供する「illumos-gate」をコアソフトウェア(カーネル含む)として構成されており,OpenSolarisの実質的な後継OSとして位置づけられている。ZFS,DTrace,ZonesなどOpenSolaris由来の機能を数多く実装しているが,Sun/Oracle時代のプロプライエタリなコードはほぼオープンソースに置き換えられている(OS/NET→illumos-gate,Sun Studio→GNU GCCコンパイラなど⁠⁠。現在は約半年に一度のサイクルでスナップショットがリリースされている。

なおOpenIndianaという名称は,OpenSolarisのベースとなっていたSun時代のオープンソースプロジェクト「Project Indiana」に由来する。プロジェクトリーダーはDebianファウンダーでもある故イアン・マードック(Ian Murdock)である。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。