Linux Daily Topics

2021年12月9日 Apple,オープンソースに特化したサイト「Open Source at Apple」を開設

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Appleは12月8日(米国時間⁠⁠,Appleプラットフォームに関連するオープンソースのリソースや情報を集約して提供するサイト「Open Source at Apple」を開設した。サイトのトップには「オープンソースソフトウェアはAppleプラットフォームと開発ツールの核心である。Appleは世界中の開発者とともにオープンソースコードのクリエイト,コントリビュート,そしてリリースを行っていく」とあり,Appleによるオープンソースへの本格的なコミットメントとしても注目される。

Open Source at Apple.

Open Source at Apple トップページ

「Open Source at Apple」の中心メンバーは,JavaアーキテクトでRed Hat時代にJBossの開発などを担当していたAppleのオープンソースエンジニア/マネージャを務めるAndrew Lee Rubingerや,CNCF(Cloud Native Computing Foundation)のチェアパーソンで,Appleのオープンソースプログラムオフィスのヘッドを務めるArun Guptaなど。Rubingerは自身のTwitterでもサイトの開設をアナウンスしている。

Rubingerによれば,Appleは今後,世界中の開発者と協力しながら,Apple発のオープンソースプロジェクトとともに外部のオープンソースプロジェクトにも関与していく姿勢を示しており,コードの公開もこれまで以上に積極的に行っていくという。⁠私はオープンソースを信じており,Appleを信じている。我々が一緒に行動したとき,どんなことが未来に起こるのか,それを見るのが待ちきれない」Rubingerのツイートより⁠⁠。

Appleが企業としてオープンソースにコミットする姿勢を見せたことはこれまでほとんどなく,今回のサイトの開設はAppleにとってもオープンソースコミュニティにとっても大きなターニングポイントになるかもしれない。サイトに掲載されているソースはまだ多くはないが,今後の拡充に期待がかかる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。