Linux Daily Topics

2021年12月15日 Fedora,来春リリースのFedora 36でlocateコマンドに「plocate」を実装へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedoraプロジェクトは12月9日,2022年4月にリリースを予定している次期バージョン「Fedora 36」において,ファイルの高速検索を行うlocateコマンドを,現在の「mlocate」から「plocate」にリプレースする方針を明らかにした。

Changes/Plocate as the default locate implementation -Fedora Wiki
plocate, a much faster locate

plocateはすでにDebianなどでもデフォルト採用されているlocateコマンドの実装で,mlocateよりも高速なファイル検索が実行でき,さらにディスク上に生成されるデータベースがmlocateよりも少ない容量である点などが高く評価されている。

Fedoraでは現時点の最新バージョンである「Fedora 35」においてはmlocateを採用しているが,⁠複数のlocate実装をメンテナンスするのは効率的ではない」として,Fedora 36ではメンテナンスからplocateにリプレースし,それ以降のバージョン(Fedora 37など)ではmlocateを削除していく予定だ。なお,現状のFedora 35でもplocateのテストは可能だという。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。