Linux Daily Topics

2022年1月6日 メモリ管理機能の「CleanCache」,Linuxメインラインから削除へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

LinuxカーネルメンテナーのStephen Rothwellは1月5日,開発版カーネルのGitリポジトリ「linux-next」から,2011年5月にメインラインにマージされたメモリ管理機能「CleanCache」に関連するコードを削除した。これにより2022年3月以降にリリース見込みの「Linux 5.17」からはCleanCacheが消えることになる。

kernel/git/next/linux-next.git -The linux-next integration testing tree

CleanCasheはWim CoekaertsなどOracleのエンジニアたちが中心となって開発したLinuxのメモリ管理機能で,もともとはXenベースの仮想化環境でメモリをオーバーコミットする機能「Transcendent Memory」⁠TMEM)の一部として開発されていたが,Linux 3.0で正式にマージされた。Xen環境のゲストOSのパフォーマンス向上に大きな効果があったが,2019年のLinux 5.3でTMEMがメインラインから削除されて以来,CleanCacheを利用するユーザも激減し,今回の決定に至ったとされている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。