Linux Daily Topics

2022年2月28日 Red Hat系のファイアウォール管理ツール「firewalld 1.1」がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Red Hat Enterprise LinuxやFedora,CentOSなどRed Hat系のLinuxディストリビューションでは現在,デフォルトのファイアウォールデーモンとして「firewalld」が使われている。firewalldはLinuxカーネル内でパケットを処理するフレームワーク「netfilter」のフロントエンドとして機能し,IPv4およびIPv6の両方をサポートする。それまで使われていたiptablesとは異なり,動的なポリシー変更が可能で,クラウドや仮想化/コンテナなどモダンなネットワーク環境にも適応しやすい点が特徴となっている。

firewalldはRed Hatのメンバーを中心に2011年からオープンソースとして開発がスタートし,10年後の2021年7月にようやく「firewalld 1.0」がリリースされた。そのfirewalldが約7カ月ぶりに「firewalld 1.1」としてアップデート,多くの新機能が追加されている。

Release firewalld-1.1.0 -GitHub

firewalld 1.1の主なアップデートは以下の通り。

  • フリーのマルチメディアサーバ「Jellyfin」のサポート
  • OCIコンテナイメージのサポート
  • HTTP/3を追加
  • WS-Discovery Clientのサポート
  • Apple Filling Protocol(AFP)のサポート
  • NFLOGターゲットのサポート,LOG属性にerror/checksを追加
  • オンプレミス/クラウド/デスクトップ/モバイルをセキュアに接続できるZeroTierサービスの追加

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。