Linux Daily Topics

2022年3月4日 CentOS Streamの車載システム開発推進グループ,バイナリディストリビューション「AutoSD」を公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

「Red Hat Enterprise Linux(RHEL⁠⁠」のクローンOSである「CentOS Linux」の開発は2021年12月末をもって終了したが,"CentOS"を冠したオープンソースプロジェクトが終了したわけではなく,現在は「CentOS Stream」というRHELのアップストリームディストリビューションとして,ローリングリリースモデルで開発が続いている(RHELのリビルド/クローンではない⁠⁠。

CentOS Stream とは

CentOS Streamプロジェクトには特定の目的にフォーカスしたCentOS Streamの開発を進める「SIG(Special Interest Groups⁠⁠ 」がいくつか存在する。そのひとつである「Automotive SIG」はオープンソースベースの車載システムの開発を促進するグループで,2021年7月にSIGとして承認された。そのAutomotive SIGが3月2日,初のバイナリディストリビューションとなる「Automotive Stream Distribution(AutoSD⁠⁠」のリリースを発表した。

CentOS Automotive SIG Announces New AutoSD Distro -blog.centos.org

Red Hatは現在,自動車業界に特化したRHELベースのインフラの開発を進めているが,CentOS StreamがRHELのアップストリームとして機能しているように,AutoSDもRed Hatが今後リリースする車載プロダクトのアップストリームとして位置づけられることになる。Automotive SIGはFedora IoTチームとも密に連携しており,今後もオープンな開発体制を拡張しながら,RHELの車載システム開発のサポートを継続していく方針だ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。