Linux Daily Topics

2020年6月2日 Linux 5.7がリリース ―サーマルプレッシャー,exFAT,iOS用USBドライバなど

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは5月31日(米国時間⁠⁠,⁠Linux 5.7」のリリースを発表した。開発期間は約2ヵ月で,7本のリリース候補(RC)版を経ての公開となる。

Linux 5.7 -Linus Torvalds

Linux 5.7におけるおもなアップデートは以下の通り。

  • CPUがオーバーヒートしたときに,ガバナーによる周波数の変更でパフォーマンスが下がりすぎないよう,タスクスケジューラが調整を行う「サーマルプレッシャー(Thermal Pressure⁠⁠」の実装
  • Linux 4.7でサポートされたガバナー「schedutil(スケジューラがCPUの周波数を選択⁠⁠」をx86プロセッサでも適切に利用できるようにする「周波数不変スケジューラ(frequency invariant scheduler⁠⁠」の実装
  • SamsungおよびMicrosoftの貢献により,新しくなった「exFAT」ファイルシステム
  • x86プロセッサにおける「スプリット/ロック検出(split-lock detection⁠⁠」のサポート
  • Linux 5.0でサポートされた「ARMv8.3 Pinter Authentication(ポインタ認証⁠⁠」をユーザスペースコードだけでなくカーネル(arm64)にも拡張
  • Linux 4.3でサポートされたシステムコール「userfaultfd(2)」⁠ユーザスペースでページフォルトを可能にする)に書き込み保護機能をサポート,mprotect(2)と同等の機能を実現(パフォーマンスはuserfaultfd(2)が上)
  • BPFプログラムをLSM(Linux Security Module)にフックして,ダイナミックなセキュリティ監査やMACポリシーを可能にする「bpf-lsm」
  • 異なるcgroup内に子プロセスをダイレクトに生成できる「clone(2)」のサポート
  • perfツールによるcgroupプロファイリング機能の改善
  • iOSデバイス用USBファストチャージドライバのサポート
  • F2FSにおけるZstdアルゴリズムのサポート
  • 「Qualcomm Snapdragon 865」⁠Qualcomm IPQ6018」のサポート

Linusはすでに次期カーネル「Linux 5.8」のマージウインドウをオープンし,プルリクエストを受け付けている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。