Linux Daily Topics

2020年6月24日 “我々のLinuxジャーニーはまだ始まったばかり”―Microsoft Defender ATP for Linuxが一般提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Microsoftは6月23日(米国時間⁠⁠,エンタープライズ向けのエンドポイントセキュリティソリューション「Microsoft Defender ATP(Advanced Threat Protection⁠⁠」のLinux版である「Microsoft Defender ATP for Linux」の一般提供を開始(GA)したことを発表した。クロスプラットフォーム化が進行中のMicrosoft Defender ATPだが,Windows,Windows Server,macOSにつづき,LinuxもネイティブサポートOSに加わることになる。

Microsoft Defender ATP for Linux is now generally available! -Microsoft Tech Community

Microsoft Defender ATP for Linuxのサポート対象となるディストリビューションは以下の通り。デプロイおよび設定はPuppetやAnsibleなど一般的な構成管理ツールで行うことができる。

  • Red Hat Enterprise Linux 7.2以上
  • CentOS Linux 7.2以上
  • Ubuntu 16.04 LTS以上のLTS
  • SUSE Linux Enterprise Server 12以上
  • Debian 9以上
  • Oracle Linux 7.2

Microsoft Defender ATP for Linuxではコマンドラインや脅威の監視,アラートモニタリングなど他のOS版とまったく同じエクスペリエンスが提供される,利用にあたっては「Microsoft Defender ATP for Server」ライセンスが必要となる。

5月に配信が開始された「Windows 10 May 2020 Update」における「WSL(Windows Subystem for Linux⁠⁠ 2」に続く,MicrosoftによるLinux関連の大型アップデートだが,Microsoft Defender ATPチームのHelen Allasは「我々のLinuxジャーニーはまだ始まったばかり,ここで止まるつもりはない。我々は継続的にLinuxケイパビリティの拡張を進めており,数ヵ月以内には皆さんにお届けできる」とコメントしており,近い将来にさらにLinux関連の大型アップデートが提供される予定であるとしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。