Linux Daily Topics

2020年6月25日 Flatpak 1.8がリリース,USBドライブのサイドロード自動検出が可能に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

アプリケーションパッケージングシステム「Flatpak」開発者のAlexandar Larssonは6月24日,⁠Flatpak 1.8」のリリースを発表した。

Release 1.8.0 | flatpak -GitHub

Flatpak 1.8ではアプリケーションのアップデート/インストールに関連するトランザクションを扱う「FlatpakTransaction」に新シグナル「install-authenticator」がコマンドラインインタフェースとして追加されたほか,プラグイン接続されたUSBデバイスによるリポジトリのサイドローディングを自動で検出するsystemdユニットを実装している(デフォルトではインストールされない⁠⁠。

その他,ホストのタイムゾーンデータの常時表示,デフォルトでのgdm envファイルのインストール廃止,サンドボックスを実行する「flatpak-enter」の動作不具合の修正など,多くのアップデートが行われている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。