Linux Daily Topics

2020年6月30日 Fedora,デフォルトエディタに「nano」を採用へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedoraプロジェクトは6月25日,今秋リリース予定の次期バージョン「Fedora 33」において,デフォルトのテキストエディタに「nano」を採用する予定であることを明らかにした。

Make nano the default editor -Fedora Wiki

Fedoraではこれまでデフォルトのエディタは設定されておらず,ユーザが好みのエディタを使う仕様になっていたが,それによる不具合が報告されるケースも増えてきている。とくに顕著なのが「git commit」コマンドの実行時で,Fedoraがデフォルトエディタを指定していないため,gitはviを選択して立ち上げてしまう。

viは古参のUNIXユーザなどの間では根強い人気を誇るが,GUIに慣れたユーザにとっては操作が難解で,敬遠しがちな存在でもある。FedoraのBen Cottonは,⁠コミットしようとするとviがデフォルトで立ち上がってしまうことで,Fedoraへの乗り換えを検討していたユーザの入り口をバリアでふさいでしまっている」⁠Ben Cotton / Fedoraプロジェクト)と指摘している。

一方,UNIX系のスクリーンエディタでありながら直感的な操作が可能なnanoは動作が軽く,その使いやすさからGUIに慣れた世代でもユーザが多い。Fedoraユーザの間でもnanoのインストール率は高く,すでにほとんどのFedoraエディションでインストールされていることから,プロジェクトは「誰でも使えるnanoをデフォルトエディタに設定し,viをオプションとして提供する」という方針を決めたとしている。本案がFESCo(Fedora Engineering Steering Committee)で採択されれば,Fedora 33からはnanoがFedora初のデフォルトエディタとなる予定だ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。