Ubuntu Weekly Topics

2021年6月4日号 Microsoft Build 2021でのWSLgのアナウンス,HiFive Unmatched関連ドキュメント

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Microsoft Build 2021でのWSLgのアナウンス

Windows 10上でLinux GUIアプリケーションが走る日がもうすぐやってきます。

Microsoft Build 2021で,WSL上でのGUIとGPGPUのML利用があらためてアナウンスされています。この「Linux GUIアプリケーションの実行」機能はWSLgによってもたらされるもので,⁠WSLの中からアプリケーションを起動するだけ」でシームレスにGUIアプリケーションのウインドウが表示される形になります。⁠Once you⁠ve installed GUI app support, you⁠ll be able to open a WSL window and start a Linux GUI app right away, without the need to set up an X Server each time. ⁠⁠一度GUIアプリケーションサポートをインストールすれば,WSLのウインドウを開いてLinux GUIアプリケーションを起動するだけです。X Serverを毎回セットアップする必要はありません)といった記載もあり,⁠Microsoftの公式アナウンスでX Serverについて触れられる』という,過去からするとなかなかに異次元の展開となっています。

なお現状としては,WSLgをサポートするbuild 21362+は「まだ」Insider Previewでの提供であり,通常の(Insider Buildを利用する設定をしていない)Windows 10ユーザーがWSLgを利用できません注1⁠。しかし,近い将来のアップデートリリース(おそらく今年後半に登場する,Version 21H2かその次の22H1)以降,⁠すべてのWindows 10ユーザーがLinuxのGUIアプリケーションを利用できる」という状態になるとみられます。

注1
試してみたい場合は,Windows Insider Programに登録するだけで利用できます。あくまでテスト用途のものであるため,一定の覚悟と準備ができていないのであればこれをメインの環境にするのは避けるべきです。現時点ではまだWSLgは,BSoDを見ると思わずイベントログを開いて内容を確認してしまう,クラッシュするといっそ嬉しい,バックアップはもちろん取ってある,といった人のものです。

その他のニュース

注2
Unmatchedは「リリース予定」というステータスでしたが,そろそろ最初期に注文した人の手元に届いているはずです。

今週のセキュリティアップデート

usn-4964-1:Exiv2のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2020-May/006037.html
  • Ubuntu 21.04・20.10・20.04 LTS・18.04 LTS・16.04 ESM用のアップデータがリリースされています。CVE-2021-29463, CVE-2021-29464, CVE-2021-29473, CVE-2021-29623, CVE-2021-32617を修正します。
  • 悪意ある加工を施したファイルを処理させることで,メモリ破壊を伴うクラッシュを誘発することが可能でした。任意のコードの実行・秘匿されるべき情報へのアクセスに利用できます。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-4965-1, usn-4965-2:Apportのセキュリティアップデート
usn-4966-1, usn-4966-2:libx11のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2021-May/006039.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2021-May/006041.html
  • Ubuntu 21.04・20.10・20.04 LTS・18.04 LTS・16.04 ESM・14.04 ESM用のアップデータがリリースされています。CVE-2021-31535を修正します。
  • 悪意ある操作を行うことで,Xプロトコル上のリクエストを追加で処理させることが可能でした。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。
usn-4967-1, usn-4967-2:nginxのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2021-May/006042.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2021-May/006046.html
  • Ubuntu 21.04・20.10・20.04 LTS・18.04 LTS・16.04 ESM・14.04 ESM用のアップデータがリリースされています。CVE-2021-23017を修正します。
  • 悪意あるDNSレスポンスを送出することで,メモリ破壊を伴うクラッシュを誘発することが可能でした。任意のコードの実行につなげられる可能性があります。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-4968-1, usn-4968-2:LZ4のセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2021-May/006043.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2021-May/006047.html
  • Ubuntu 21.04・20.10・20.04 LTS・18.04 LTS・16.04 ESM・14.04 ESM用のアップデータがリリースされています。CVE-2021-3520を修正します。
  • 悪意ある加工を施したファイルを処理させることで,メモリ破壊を伴うクラッシュを誘発することが可能でした。任意のコードの実行につなげられる可能性があります。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-4969-1, usn-4969-2:DHCPのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2021-May/006044.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2021-May/006045.html
  • Ubuntu 21.04・20.10・20.04 LTS・18.04 LTS・16.04 ESM・14.04 ESM用のアップデータがリリースされています。CVE-2021-25217を修正します。
  • 一定の条件下で悪意あるネットワーク入力を行うことで,本来期待されない挙動を誘発することが可能でした。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。