Ubuntu Weekly Topics

2021年9月10日号 Advantech UNO-420への対応・『linux-ibm』カーネルフレーバー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Advantech UNO-420への対応

Ubuntu certifiedなデバイスがまた増えました。今回追加されたのはAdvantech UNO-420で,20.04 LTSとCore20のCertifiedとして認定されています。

UNO-420はいわゆるIoTや組み込み文脈での「センシングゲートウェイ」と呼ばれるタイプのデバイスで,設置したセンサーからの情報を集約&送出することを主眼にしています。目的からしてそれほどパワフルなマシンではありませんが(Atom E3815に2GBメモリ,32GB eMMCストレージ⁠⁠,PoE(Power over Ethernet)で接続できること,そして耐久性・耐候性のいずれも高いレベルで実現されていることがメリットです。PoEで接続できるので,PoE対応スイッチさえ準備できればEhternetケーブル一本で稼働させることができます。価格もそれほど高いわけではなく用途がマッチする場合は重宝すると思われます。

なお,Certifiedに至るまでの作業そのものは今年初めくらいにはすでに気配がありました。また,その気になって探すとCeleron N6211を搭載するAdvantech製品らしきデバイスのバグ報告「ehl-advantech」という「いかにもそれらしい」識別子つきでいくつか行われており注1⁠,この流れがさらに拡大する可能性にも期待できそうです。

注1
Celeron N6211のコードネームはElkhart Lakeで,このコードネームの省略形は「EHL」です。

その他のニュース

注2
SnapcraftはSnapパッケージを簡単に生成するためのツールキットです。

今週のセキュリティアップデート

usn-5058-1:Thunderbirdのセキュリティアップデート
usn-5060-1, usn-5060-2:NTFS-3Gのセキュリティアップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2021-August/006163.html
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2021-August/006164.html
  • Ubuntu 21.04・20.04 LTS・18.04 LTS・16.04 ESM・14.04 ESM用のアップデータがリリースされています。
  • 悪意ある加工を施したファイルシステムイメージを処理させることで,任意のコードの実行が可能でした。
  • 対処方法:通常の場合,アップデータを適用することで問題を解決できます。
usn-5051-4:OpenSSLの再アップデート
  • https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2021-September/006165.html
  • Ubuntu 14.04 ESM用のアップデータがリリースされています。
  • usn-5051-3の更新後,特定の処理が誤って失敗する状態になっていました。
  • 対処方法:アップデータを適用の上,システムを再起動してください。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。