一般記事

文章問題はどうなっているの? "ニューノーマル"な情報処理技術者試験を受験してみた

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

12月1日,情報処理技術者試験の一区分である情報セキュリティマネジメント試験がはじまると同時に,基本情報技術者試験の申込みが一部開始されました。この二つの試験は,今年度から試験方式が大きく変わり,従来のマークシート方式からCBT方式へと切り替わりました。突如として実施されることとなった新たな試験方式とは一体どういったものなのでしょうか? 今回,試験対策本の担当編集者自身が実際に受験して確かめました。基本情報技術者・情報セキュリティマネジメント両試験の受験者の参考になれば幸いです。

突然の"新様式"を余儀なくされた情報処理技術者試験

2020年は新型コロナの年でした……という決まり文句も見飽きた方が多いでしょう。それくらい,あらゆるものが新型コロナウイルス感染症に翻弄された1年でした。

新型コロナウイルス感染症は,毎年約40万人もの人々が受験する情報処理技術者試験にも多大な影響を及ぼしました。4月に予定されていた春の試験は中止になり,10月に予定されていた秋の試験も一部試験区分で大幅な予定変更がなされました。ITストラテジスト試験など四つの高度試験は2020年度の実施が見送られ,基本情報技術者試験(以下「基本情報⁠⁠)と情報セキュリティマネジメント試験(以下「セキュマネ⁠⁠)の二つは,試験会場確保の観点から,⁠CBT方式」に試験方法を変更したうえで,日時を改め行われることが発表されました。かくして,基本情報とセキュマネの二つの試験は,マークシートを用いた従来の筆記試験から,パソコンを使った"新様式"へと予期せぬかたちで移行することになったのです。

パソコンの画面上で文章問題は解けるのか?

さて,CBT方式とは何でしょうか。CBTとは"Computer Based Testing"の略で,CBT方式とは問題の表示や解答をパソコンで行う方式を指します。CBT方式はすでにITパスポート試験で導入されており,この記事を読んでいる受験者のなかにも,CBT方式と聞いて,⁠あー,ITパスポートみたいな感じでやるのね」と思った方もいるかもしれません。

とはいえ,基本情報・セキュマネともに,試験の形式はITパスポートとかなり異なります。この二つの試験は,数十問の四択問題を解く午前試験と,長文問題である午後試験から構成されています。ITパスポートは四択問題のみなので,CBT方式で長文問題に取り組むのは未知の世界です。当然,長文問題は1問あたりの文章量も多く,選択肢も四択以上の場合がざらにあります。試験画面のイメージや操作方法は事前に発表されているものの,実際の使い心地は気になるところです。果たして,CBT方式で文章問題に難なく取り組めるのでしょうか?

そこで,CBT方式の実態を探るべく(?⁠⁠,実際にセキュマネを受験してみました。

受験時の操作画面のイメージは基本情報・セキュマネともに公開されている

受験時の操作画面のイメージは基本情報・セキュマネともに公開されている

出典プロメトリックによる「情報セキュリティマネジメント試験:試験当日の受験の流れ」

いざ,"新しいセキュマネ"に挑戦

受験の前に,まずは申込みです。CBT方式への変更にともない,試験の申込み方法も従来と変わっています。従来は特定の日に全国一斉に試験が行われていましたが,CBT方式では決められた期間内から,自分で試験の場所・日時を選択して受験申込みを行います。午前試験と午後試験を別々の日に受けたり,午後試験を午前試験より先に受けたりといったことも可能です。私は受験期間初日の12月1日(火曜)に午前→午後の順番で受験しました。本当は,土日に立川で受けたかったのですが,都合の良い日時に立川会場が用意されていなかったため,新宿を選択しました(このように,希望どおりの日時・会場があるとは限らない点は注意が必要です⁠⁠。

選択した受験会場に着くと,最初に受付を済ませます。会場は感染症対策のためマスク着用が必須であるほか,最初に入り口で手指の消毒を求められます。その他にも,本来手荷物を預けるためのロッカーの使用が禁止されているなど,感染症対策の影響がちらほら見受けられます。

受付後は待合スペースで過ごして,所定の時間になると係員が試験の流れ・持ち物について説明をはじめます。その後,座席番号が書かれた紙を受け取り,順番に会場入りをすることとなります。持ち物については一般的な試験と同様で,本人確認書類のほかはハンカチ・ティッシュ・目薬のみ持ち込みを許可されます。筆記用具の持ち込みも不可ですが,各座席にはペンとメモ用紙が用意されています。

会場では感染症対策がなされている。受験者も会場ではマスクの着用が必須となる

会場では感染症対策がなされている。受験者も会場ではマスクの着用が必須となる

(筆者撮影)

著者プロフィール

石井智洋(いしいちひろ)

株式会社技術評論社 書籍編集部。情報処理技術者試験の関連書籍では『令和03年 情報セキュリティマネジメント合格教本』『令和03年【上半期】情報セキュリティマネジメント パーフェクトラーニング過去問題集』を担当。

Twitter:@isicihi

バックナンバー

2020

  • 文章問題はどうなっているの? "ニューノーマル"な情報処理技術者試験を受験してみた