LAMP開発者のためのWindows Azure講座

第6回 Azure上でのMySQLの起動[その3]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ストレージ管理ツールのインストール

Windows Azureの管理ポータルからはストレージの中身を参照することはできません。ストレージにアクセスしてファイルを管理するためには,IDEに備わるストレージ管理機能を利用するか,専用のストレージ管理ツールを利用します。

Windows Azure PDTの場合,リポジトリから「Windows Azure Storage Explorer」をインストールすれば,ストレージへのアクセスができるようになります。第2回でWindows Azure PDTをインストールするときに行なったように,HelpメニューからInstall New Softwareを選択し,以下のように,Windows Azure Storage Explorerを選択します。

図5 Windows Azure PDTにストレージ管理機能を追加

図5 Windows Azure PDTにストレージ管理機能を追加

一方,使い勝手や機能を考慮して,専用のストレージ管理ツールを利用する場合,フリーソフトとして公開されている「CloudXplorer」「Azure Storage Explorer」がよく用いられます。

CloudXplorerはBlobストレージ専用の管理ツールで,Azure Storage ExplorerはBlob,Table,Queueの各ストレージに対応した管理ツールです。ここでは,CloudXplorerをインストールして,BlobストレージにAzureドライブをアップロードしてみましょう。

まず,CloudXplorerをインストール,起動後に,FileメニューからAccountを選択します。すると,以下の「Manage accounts」画面が表示されます。

図6 CloudXplorerのアカウント管理画面

図6 CloudXplorerのアカウント管理画面

Newを押して,Windows Azure accountを選択します。次の画面で,Nameにさきほど作成した「samplestorage001⁠⁠,Secret Keyにさきほどのプライマリアクセスキーをコピー&ペーストします。

図7 ストレージアカウントとアクセスキーを入力

図7 ストレージアカウントとアクセスキーを入力

次に,作成されたsamplestorage001を選択し,空白が表示されているメイン画面上で右クリックし,NewからContainerと進みます。Containerは,Blobストレージを格納する最上位のディレクトリで,コンテナごとに公開/非公開などのポリシーを設定できます。ここでは「mysql」としておきます。コンテナを作成すると,以下の画面になります。

図8 コンテナ「mysql」を作成

図8 コンテナ「mysql」を作成

このmysqlコンテナ内に,Azureドライブとして利用する,mysql関連ファイルを格納したVHDをアップロードします。

MySQLを格納したVHDの作成とアップロード

Azureドライブとして利用できるVHDは,NTFS形式でフォーマットされた容量固定のディスクとなります。Windows 7の場合,コマンドラインツールのDiskpart.exeを利用して,以下の手順で作成することができます。MySQLのファイル容量が100MB超であることを踏まえ,ここでは250MBのディスクをファイル名「disk.vhd⁠⁠,ラベル「VHD」で作成しています。

DISKPART> create vdisk file="c:\disk.vhd" maximum=250 type=fixed
DISKPART> select vdisk file="c:\disk.vhd"
DISKPART> attach vdisk
DISKPART> create partition primary
DISKPART> format fs=ntfs label="VHD" quick 
DISKPART> assign letter=x:

最後の行を実行すると,ローカルコンピュータのXドライブに作成したVHDがマウントされますので,XドライブをWindowsエクスプローラーで開き,MySQLファイルをコピーします。ここでは,第4回でインストールしたC:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.5以下のファイルをコピーすることにします。

コピーするのは,bin,data,include,lib,shareの各フォルダとmy.iniです。以下のようにmysqlフォルダを作成し,その配下にコピーします。

図9 MySQL実行ファイルなどをVHDにコピー

図9 MySQL実行ファイルなどをVHDにコピー

実際にAzureドライブとして起動させるには,my.iniとdataを修正しておく必要がありますが,ひとまずここでは,ファイルを修正せずにアップロードの手順だけ紹介することにします。

MySQLファイルのコピーが終わったら,マウントしたVHDを取り外します。VHDを取り外すには,Diskpart.exeのコマンドライン上から,下記のコマンドを実行します。

DISKPART> detach vdisk

なお,VHDの作成は,GUIからも可能です。その場合,スタートメニューから「Create and format hard disk partitions」などを検索して「Disk Management」を起動します。

次に,CloudXplorerに戻り,mysqlコンテナを選択して,空白が表示されているメイン画面上を右クリックし,⁠Upload page blob」を選びます。

図10 CloudXplorerでUpload page blobを選択

図10 CloudXplorerでUpload page blobを選択

図11 作成したdisk.vhdを選択しアップロード

図11 作成したdisk.vhdを選択しアップロード

さきほど作成したC:\disk.vhdを選択すると,アップロードが始まります。容量250MBのファイルですので,それなりに時間がかかると思います。

Azureドライブを利用するうえで必要になるストレージアカウントの作成とVHDの作成,アップロードの手順は以上です。次回は,実際にAzureのインスタンスでAzureドライブをマウントし,MySQLを起動させて,データが永続化されることを確認してみたいと思います。

著者プロフィール

齋藤公二(さいとうこうじ)

インサイト合同会社

『月刊Computerwold』『CIO Magazine』(IDGジャパン)の記者,編集者などを経て,2011年11月インサイト合同会社設立。エンタープライズITを中心とした記事の執筆,編集のほか,OSSを利用した企業Webサイト,サービスサイトの制作を担当する。