"運用者に光を"「Cloud Operator Days Tokyo 2021」の歩き方

#01 「Cloud Operator Days Tokyo 2021」がすべてのクラウド従事者にお勧めなわけ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2021年7月中旬からクラウド運用担当者のノウハウを共有するイベント「Cloud Operator Days Tokyo 2021」がオンラインで開催中です。今年はクラウド運用者の実体験をテーマにして公募した中から選ばれたものやスポンサーセッションなど,全60セッションをオンデマンド配信する方式で開催,2000名の視聴参加者を予定しています。

さらに,8月27日(金)にはこれらの集大成として1日かけてライブイベントも行われる予定で,著名なグローバルゲストによる基調講演や,クラウドネイティブを推進する事業者によるパネルセッション,そして配信された各セッションの中から優れたセッションを審査のうえ表彰する「輝け!クラウドオペレーターアワード2021」授賞式が開催されます。

Cloud Operator Days Tokyo 2021
URL:https://cloudopsdays.com/

テーマは「運用者に光を」

テーマは「運用者に光を」

また今年は,5Gの本格運用開始により注目を集める通信事業者のインフラについてオープンソースの観点から議論を行う「Cloud Native Telecom Operator Meetup」⁠CNTOM)と共催されます。通信機器や通信事業のクラウドインフラについて,より深いテーマでの議論が期待できます。

「Cloud Operator Days Tokyo」に至るロングジャーニー

当初「OpenStack Days Tokyo」として2013年に始まり,毎年開催されてきたこのイベントですが,2019年にLinux FoundationのプロジェクトであるCloud Native Computing Foundation(CNCF)が支援する「CloudNative Days Tokyo」との共催を経て,2020年から現在の「Cloud Operator Days Tokyo」という名称で開催されることとなりました。

同イベントがこうした経緯をたどったのはもちろん,この間のクラウドや仮想化インフラのトレンドと大きな関係があります。

OpenStackはオープンソースで開発されているクラウド構築プラットフォームです。プライベートクラウドを構築したり,IaaSのサービスを作る際はほぼこれ一択といったソフトウェアと言えました。しかし,その後パブリッククラウドの高機能化,低コスト化が進み,さらに2015年ごろからKubernetesをはじめとしたコンテナ技術の成熟によって,企業等でシステムを構築/運用する際に利用するクラウドインフラの選択肢が大きく広がります。これまでプライベートクラウドやオンプレミスでなければ構築,維持が難しいと考えられていたものが,必ずしもそうではなくなってきたのです。

「OpenStack Days Tokyo⁠⁠~⁠Cloud Operator Days Tokyo」開催の母体となった集まり「Ops Workshop」

「OpenStack Days Tokyo」~「Cloud Operator Days Tokyo」開催の母体となった集まり「Ops Workshop」

こうした技術状況の変化に伴い,クラウドインフラを使ってシステムを構築する側も「クラウドをどう構築するか」から「さまざまなクラウド周辺技術,サービスをどう組み合わせるか」に興味の中心が移ってきました。このようなエンジニアの志向に合わせてOpenStack周辺の技術動向や,それらの情報交換の場とされる「OpenStack Days Tokyo」も進化を遂げていきます。⁠Cloud Operator Days Tokyo」となってからも,もちろん「運用」という切り口でコンテナやDevOps,セキュリティなど注目のテーマは押さえたセッションプログラムとなっています。

また先に上げた2019年の「CloudNative Days Tokyo」との共催に象徴されるように,OpenStackと直接関係なくても,クラウド基盤にまつわる最新の技術テーマで毎年盛り上がりを見せました。今年もCNTOMとの共催による,かなりコアなセッションが用意されています。

そして「OpenStack Days Tokyo」のころから毎年欠かさずOpenStack Foundation(現OpenInfra Foundation)のCOOであるMark Collier氏が行う基調講演も人気を博しています。名前は変わっても,イベントのスピリッツといえるぶれない軸の部分は残しつつ,セッション内容や運営方式は,その年の技術動向やエンジニアの興味を引く事柄ににマッチする形で開催されてきたといえるでしょう。

バックナンバー

"運用者に光を"「Cloud Operator Days Tokyo 2021」の歩き方

  • #01 「Cloud Operator Days Tokyo 2021」がすべてのクラウド従事者にお勧めなわけ