クラウド運用のリアルを変革につなげるには?―「Cloud Operator Days Tokyo 2022」の歩き方

#01 期待される“クラウド運用エンジニア”の可能性 ―「Cloud Operator Days Tokyo 2022」プレイベントから

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

クラウドの運用担当者に焦点を当て,その技術やノウハウを共有するイベント「Cloud Operator Days Tokyo(CODT⁠⁠」が,⁠Cloud Operator Days Tokyo 2022」として今年も開催されます。

Cloud Operator Days Tokyo 2022 運用者に光を! ~変革への挑戦~
URL:https://cloudopsdays.com/

「Cloud Operator Days Tokyo 2022」開催概要

「Cloud Operator Days Tokyo 2022」開催概要

6月27日(月)からオンデマンド配信形式で開催されるメインのセッションに先立ち,5月31日(火)にプレイベントが開催され,オンラインで配信されました(プレイベントの動画はアーカイブとして視聴可能です⁠。

今回はこのプレイベントの模様をお伝えしながら,⁠Cloud Operator Days Tokyo 2022」の見どころ,歩き方をご紹介します。

プレイベントをお届けする舞台となったのは東京,大手町にある「OPEN HUB Park⁠⁠。2022年2月にオープンしたばかりのワークプレイスです

プレイベントをお届けする舞台となったのは東京,大手町にある「OPEN HUB Park」

“ノウハウ・知識の共有”から“新たな価値の創出”

プレイベントのオープニングには,CODT実行委員会 委員長を務めるAXLBIT株式会社 社長の長谷川章博氏が登壇しました。今回で「Cloud Operator Days Tokyo」として3回目となる同イベントですが,前身の「OpenStack Days Tokyo」から数えて10回目の開催を迎えます。長谷川氏から,過去の開催をふまえた今回の特徴について紹介がありました。

今年の開催趣旨を紹介するCODT実行委員会 委員長 長谷川章博氏

CODT実行委員会 委員長 長谷川章博氏

今年も引き続き「運用者に光を!」というメインテーマに変わりはありません。ただ,今年はそこにさらに「~変革への挑戦~」という言葉が追加されました。クラウド系に限らず多くの技術イベントは新しいテクノロジーやツール,そしてそれを使ったサービス構築がメインテーマとなりがちです。しかし,現実にはクラウド上のサービスやシステムの運用に必要な技術や知識の共有が進んでいないという課題があり「運用者に光を当てる」原点となっているわけですが,今年はこの原点をさらに進めた狙いがあると言います。

その狙いを象徴するのが,今年新たメイントピックに加わった「CCoE(Cloud Center of Excellence⁠⁠」です。CoEとは通常,大きな組織全体から人材や技術リソースを集めた横断的な部署を指しますが,さらにクラウド利用時の課題解決や活用にあたっての障壁を排除してクラウドをより利用しやすくする目的を掲げて活動するのがCCoEです。このCCoEの話題をいち早く取り上げ,従来のように運用にまつわる知識を共有するだけでなく,集めた集合知を積極的に活用して新たな価値を作り出すという一歩進んだ事例紹介が予定されています。

今年はCCoE(Cloud Center of Excellence)に注目

今年はCCoE(Cloud Center of Excellence)に注目

運用チームに光を当てるとビジネスが変わる?!

長谷川氏のトークを受け,プレイベントのキーノート「運用こそが利益の源泉」に登壇した成迫剛志氏(岐阜大学 客員教授 / Design for ALL Co-founder / 株式会社デンソー)は,さらに尖った提言を行いました。

成迫剛志氏

成迫剛志氏

成迫氏はクラウドなどを使ったサービスをビジネス視点で考え,利益を出すための原動力として運用チームの力を活用すべきと説きます。

ビジネス視点で考えると,新規事業成功のカギとなるのが①如何にコストを減らすか? ②如何に売上を増やすか?③如何に初期費用を抑えるか? の3点ですが,どの視点にも運用チームが貢献することが可能とのことです。

ビジネス視点での新規事業(サービス)成功のため考えるべきこと

ビジネス視点での新規事業(サービス)成功のため考えるべきこと

新規サービスを立ち上げる際に,小さく始めるいわゆる「リーンスタートアップ」が当たり前になり,開発はもちろん運用のフェーズにおいてもアジャイル,DevOpsといった手法が一般的になった結果,運用の現場が現状維持以上のポテンシャルをもち,期待されるようになりました。

こうした運用チームに対する考え方の1つに,Googleが提唱するSRE(Site Reliability Engineering)という方法論があります。運用チームが開発に近い部分までカバーしてシステム管理を担当することでサービスの品質や信頼性が上がるというものですが,成迫氏はさらに踏み込んで,運用チームがサービス企画の段階から積極的に参加し,運用ならではの知見を活かすべきという考え方を提案しました。これを氏はSREをさらに拡張したExtended SRE(E-SRE)と名付け,経営陣がE-SRE的な視点からプロジェクトを企画することが大きな利益をもたらすと言います。これがキーノートのタイトルである「運用こそが利益の源泉」につながります。

「E-SRE」とは?

「E-SRE」とは?

実践すると運用担当者がオーバーワークになりそうで少し心配ですが,先の「CCoE」同様,これだけ重要な役割を担うことになれば,運用担当者も相当奮起することでしょう。⁠Cloud Operator Days Tokyo 2022」では,このように運用チームが日々で培った知識をプロジェクト全体に活かすためのポイントが掴めるかもしれません。

バックナンバー

クラウド運用のリアルを変革につなげるには?―「Cloud Operator Days Tokyo 2022」の歩き方

  • #01 期待される“クラウド運用エンジニア”の可能性 ―「Cloud Operator Days Tokyo 2022」プレイベントから