Ubuntu Weekly Recipe

第97回 複数のOSを使う(3)GRUBを使ったデュアルブート,GRUBの設定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Ubuntuがインストールされているドライブに後からWindowsをインストールしてUbuntuが起動できなくなったときは

Ubuntuがインストールされているドライブに,後からWindowsをインストールすると,WindowsのブートローダがGRUBを上書きしてしまい,Ubuntuを起動できなくなります。

その場合は,まずLiveCDでUbuntuを起動します。続いて,端末を開き次のコマンドを実行します。

$ sudo os-prober

すると,以下のようにインストールされているOSの情報が表示されます。

/dev/sda1:Windows 7 (loader):Windows:chain
/dev/sda5:Ubuntu 9.10 (9.10):Ubuntu:linux

このうち,起動したいUbuntuの項目の先頭に表示されている「/dev/sda5」の部分を使って,以下のようにマウントしてください注1⁠。

$ sudo mount /dev/sda5 /mnt
注1
「/boot」「/」のパーティションを分けている場合は,まず「/」のデバイスを「/mnt」にマウントし,次に「/boot」のデバイスを「/mnt/boot」にマウントしてください。

次に以下のコマンドを実行し,/devを/mnt/devからも利用できるようにします。

$ sudo mount --bind /dev /mnt/dev

以下のコマンドで/mntを特別に/として機能するようにします。

$ sudo chroot /mnt

次にGRUB 2をインストールし直します。ここでは,先ほど使用した「/dev/sda5」から数字を除いて「/dev/sda」のようにして使用してください。

# grub-install --recheck /dev/sda

続いて,以下のコマンドを実行してchrootを解除します。

# exit

マウントしたデバイスをアンマウントしていきます注2⁠。

$ sudo umount /mnt/dev
$ sudo umount /mnt
注2
/bootを別パーティションにしている場合は/mnt/bootをアンマウントするのを忘れずに。

以上でGRUB 2の再インストールは完了です。

再起動するとUbuntuがまた起動できるようになっています。ただし,新たにインストールしたWindowsの項目は作成されていないので,⁠他のOSが表示されないときは」での作業を行ってください。

次回は,Ubuntu Japanese Teamリーダーが担当する予定です。お楽しみに。

著者プロフィール

村田信人(むらたのぶと)

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntuオフラインミーティングに参加するうちにUbuntu Japanese Teamの活動に興味を持ち,2009年8月に加入。