Ubuntu Weekly Recipe

第286回 UbuntuからEPSON複合機EP-805Aを使用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

スキャナーの設定

プリンターの設定は難しいところはとくにないのですが,ネットワーク経由でスキャナーを使用しようとすると若干手間がかかります。設定方法はマニュアルに書かれているのですが,煩雑なのでWikiを参照したほうがいいと思います。というわけで,Wikiの方法で紹介します。

まずはサーバーの設定変更からで,/etc/default/sanedを編集します

$ sudo editor /etc/default/saned

を実行し,

RUN=no

RUN=yes

にします。次に

$ sudo editor /etc/sane.d/saned.conf

を実行し,

#scan-client.somedomain.firm 
#192.168.0.1 
#192.168.0.1/29 
#[2001:db8:185e::42:12] 
#[2001:db8:185e::42:12]/64 

の下辺りに,今回の例だと

192.168.12.1/24 

を追加します。これは個々のネットワーク環境によって異なりますが,たいていの場合は⁠12⁠の部分を変更すればいいのではないかと思います。

次に

#data_portrange = 10000 - 10100

data_portrange = 10000 - 10100

とします。

これでサーバーの設定は完了なので,

$ sudo service saned restart

を実行します。もし自動的にsanedを起動したい場合は,

$ sudo update-rc.d saned defaults

も実行します。

設定はまだあります。次はクライアントです。

$ sudo editor /etc/sane.d/net.conf

を実行し,一番下に

192.168.12.42

など,複合機のIPアドレスを設定してください。次に

# connect_timeout = 60

のコメントを外して

connect_timeout = 60

とします。これで設定完了です。

あとは[シンプルスキャン]を起動してスキャンしてください。それで機能が不足している場合はGIMPをインストールするといいでしょう。ただし,今回検証した限りでは画素数を600dpi以上で取り込もうとすると複合機がハングアップしてしまいました。ドライバーのバグでしょうか。USB接続ではとくに問題ありませんでした。

ちなみにマニュアルによると,⁠iscan-network-nt⁠パッケージをインストールすると⁠Image Scan! for Linux⁠がネットワーク経由でも使えるようですが,残念ながらEP-805A向けのパッケージは用意されていませんでした。

ネットワーク経由でのファイルアクセス

USBメモリーやSDカードを接続し,たとえばスキャンしたファイルを保存した場合には,ネットワーク経由でそのファイルにアクセスすることができます。

もちろんNautilusの[ネットワーク]からアクセスできるので,非常に便利ですし,この機能を使うことを考えて,スキャン自体は本体で直接行い,スキャンしたファイルを手元にコピーして作業する,というのがやりやすいかもしれません。

図9 ネットワーク経由で複合機に挿さっているSDカードにアクセスしたところ

図9 ネットワーク経由で複合機に挿さっているSDカードにアクセスしたところ

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。