Ubuntu Weekly Recipe

第549回 Windows 10 のHyper-VにUbuntu 18.04 LTSをインストールする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

今回はWindows 10のHyper-VにゲストOSとしてUbuntu 18.04 LTSをインストールし,日本語環境で使用する方法を紹介します。

Windows 10とUbuntu 18.04 LTS

Windows 10でUbuntuを使用する場合,まずはWindows Subsystem for Linux(WSL)が検討の筆頭候補でしょう。コマンドラインツールばかりでなく,がんばればGUIアプリケーションの表示までできます。

ただ,果たしてそれはWSLの用途としてどうなのか,と思ってしまうほど激しい使い方をしている実例も散見します。Microsoftも同じことを考えたのかどうかは定かではありませんが,Ubuntu 18.04 LTSのリリース後にHyper-Vから簡単に使用できるようになりました。

このあたりの詳しい情報に関しては,Ubuntu Weekly Topicsの2018年3月9日号2018年9月21日号をご覧ください※1⁠。

※1
2018年3月9日号ではlinux-azureカーネルの採用が示唆されていますが,確認したところ実際に採用されているのはlinux-generic,すなわち通常のカーネルフレーバーでした。

「3クリックでUbuntuがセットアップでき」と記述されているため,解説することはないと思っていましたが,そうでもなかったので今回執筆することにしました。これを参考に,Hyper-VでもUbuntu 18.04 LTSを使用していただけると幸いです。

前提条件

WindowsでHyper-Vを使用するためには,いくつか前提とする条件があります。主に以下のとおりです。

  • CPUに仮想化支援機能があること
  • Windows 10のエディションがProであること
  • Windows 10のバージョンが1709(Fall Creators Update)以降であること
  • それなりにメモリを搭載していること。16GB以上が望ましい

Hyper-Vの有効化

前提条件を確認したあと,Hyper-Vを有効にします。

「設定⁠⁠-⁠アプリ⁠⁠-⁠アプリと機能⁠⁠-⁠関連設定」「プログラムと機能」⁠下までスクロールすると表示される⁠⁠-⁠Windowsの機能の有効化または無効化」「Hyper-V」にチェックを入れます図1⁠。⁠Hyper-Vプラットフォーム」がグレーアウトしてチェックを入れられない場合は,UEFI BIOSで仮想化支援機能が無効になっていないか確認してください。

図1 ⁠Hyper-V」にチェックを入れる

画像

チェックを入れた後,再起動します。

Hyper-Vクイック作成で仮想マシン作成

スタートメニューの「Windows 管理ツール」にある「Hyper-Vクイック作成」をクリックします。

「仮想マシンの作成」が起動するので「Ubuntu 18.04.1 LTS」を選択し,⁠仮想マシンの作成」をクリックします図2⁠。

仮想マシンのダウンロード図3が行われ,完了後「接続」をクリックします図4⁠。Ubuntuはまだ起動していないので,さらに「起動」をクリックします図5⁠。

このように,さすがに3クリックとはいかないものの,5クリックでUbuntuが起動します。

図2 ⁠Ubuntu 18.04 LTS」を選択して「仮想マシンの作成」をクリックする

画像

図3 仮想マシンイメージをダウンロードする

画像

図4 仮想マシンの作成が完了したので「接続」をクリックする

画像

図5 ⁠起動」をクリックする

画像

Ubuntuの起動と初期設定

Ubuntu 18.04 LTSが起動すると,使用地域やユーザー名など,システム設定の画面になります図6⁠。まずは使用する言語(今回は「日本語⁠⁠)をクリックして,⁠続ける」をクリックします。

図6 システム設定が起動する

画像

続けて「キーボードレイアウト」「どこに住んでいますか?」⁠タイムゾーン)「あなたの情報を入力してください」⁠ユーザー作成)を設定します。このあたりはUbuntuのインストーラーと同じなので解説は省略します。

ログイン

しばらく待った後,接続するためのダイアログが表示されます。ここではひとまず,解像度だけを任意に変更して「接続」をクリックします図7⁠。

図7 ここでは解像度のみを変更して「接続」をクリックする

画像

するとxrdpのログイン画面になります。先ほど設定したユーザー名とパスワードを入力し,⁠OK」をクリックします図8⁠。

図8 xrdpのログイン画面

画像

ログインすると,日本語を選択したにもかかわらず英語のUbuntu Welcomeが表示されます図9⁠。

図9 英語のUbuntu Welcomeが表示される

画像

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。