Ubuntu Weekly Recipe

第596回 snapパッケージ版Chromiumを使用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回はUbuntu 19.10から本格的に使用されるようになったsnapパッケージ版のChromiumについて解説します。

Ubuntu 19.10のChromiumはsnapパッケージ版のみに

Google Chromeのオープンソース版であるChromiumは、Ubuntuではuniverseリポジトリで提供しています。ということはCanonicalによるサポート(アップデート)はなくてもやむを得ないのですが、ユーザー数の多さを鑑みて実際にはCanonicalによってアップデートが行われています。Google Chromeは6週間ごとにメジャーリリースが行われていますが、Chromiumもこれに準じています。

Ubuntuは本記事の掲載時点で16.04 LTS、18.04 LTS、19.04、19.10の4つのバージョンがサポートされています。もちろんChromiumもこの4つのバージョンに提供されています。そして各バージョンごとにそれぞれ複数のアーキテクチャーがあるわけです。

ハイペースでリリースされるChromiumのサポートがどれだけ大変なのかは想像に固くなく、そんな中で出てきたのがChromiumのsnapパッケージでの提供です。たしかにsnapパッケージにするとUbuntuのバージョンによる違いはなくなります。そしてサポートのための手間を劇的に減らせるということです。

Ubuntu 19.10からはDebianパッケージ版のChromiumをインストールしても、自動的にsnapパッケージがインストールされるようになりました。19.04以前でも、snapパッケージ版を使用できます。

ポイントは、次のバージョンである20.04 LTSでも同様の対応となる可能性が極めて高いことです。また18.04 LTSや16.04 LTSでも同様になることがあるかもしれません。いつかはDebianパッケージ版がなくなるかもしれない可能性を鑑みて、今から慣れていくのも一案です。

詳しい情報は英文ですがChromium in Ubuntu – deb to snap transitionをお読みください。

またフォーラムにも情報が集積されています。

Ubuntu 19.10のChromium

前述のとおりDebianパッケージをインストールしてもsnapパッケージがインストールされます。具体的には「Ubuntuソフトウェア」で検索してもSnapパッケージしか出てきておらず図1⁠、端末からsudo apt install chromium-browserを実行するとダミーパッケージがインストールされ、自動的にsnapパッケージがインストールされます図2⁠。Ubuntu 19.04からアップグレードした場合でも、このダミーパッケージに上書きされて先の挙動になる、ということです。

図1 Ubuntuソフトウェアで検索しても「Chromium」が一つしか表示されない。下から2番目に表示されているのは同名のゲーム

画像

図2 実行したのはaptコマンドだが、installing the chromium snapのとおりsnap版Chromiumもインストールされている

画像

Ubuntu 18.04 LTSのChromium

snapパッケージ版Chromiumは18.04 LTSでも提供されています。現状ではDebianパッケージ版も提供されているため、Ubuntuソフトウェアには両方とも表示されています図3⁠。同居もできますが紛らわしいのでDebianパッケージ版は削除したほうがいいでしょう図4⁠。どちらがどちらかわからなくなります。

図3 Ubuntuソフトウェアで確認するとChromiumアイコンが2つある

画像

図4 Chromiumアイコンが2つあって、どちらがどちらかわからない。ちなみに前がsnap版

画像

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese TeamとLibreOffice日本語チームのメンバー。LibreOffice,VirtualBox,Joplin,Budgieデスクトップなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。