Ubuntu Weekly Recipe

第615回 サーバー版インストーラーに導入された自動インストール機能

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

Ubuntuのサーバー版のインストーラーである「Subiquity」に最近「自動インストール機能」が追加されました。cloud-configのようにインストールオプションをYAMLファイルに書くことで,インストールをすべて自動化する機能です。今回はその機能を試してみましょう。

インストールの自動化

第495回でも紹介したように,Ubuntuは17.10からサーバー版のインストーラーとしてSubiquityが導入されました。Subiquityでは,デスクトップ版のUbiquityと同じように,必要最低限のインストールオプションをTUI(Text-based User Interface)からグラフィカルに選んでインストールできます※1⁠。

※1
TUIかどうかという観点で言えば,従来のdebian-installerもTUIです。Subiquity導入の最大のメリットはサーバー版のインストールイメージもデスクトップ版と同じように「Liveイメージ化」できることでしょう。つまりインストールイメージを起動したあと,⁠Alt-F2」などを押して仮想コンソールを切り替えることで,インストールすることなく「普通のサーバー版Ubuntu」として使えます。一種のレスキューイメージとしても使えると思っておけば良いでしょう。

図1 Subiquityで導入されたグラフィカルインストーラー

画像

しかしながら従来のdebian-installerと比べると,ひとつ大きな機能が不足していました。それがインストールの自動化です。

debian-installerでは第154回「さくらVPSへのネットブートインストールをPreseedingで自動化する」でも紹介したように,⁠preseeding」というdebfconfを羅列したファイルを用意することで,インストールオプションを自動選択する仕組みが存在しました。RHELやCentOSなどで言うところのkickstartですね。

何台もの物理マシンにUbuntuをインストールするなら,インストールの自動化は欠かせません。自動化の仕組みさえあればサーバー版を自動インストールしたあとに「ubuntu-desktop」パッケージをインストールすることで,デスクトップ版のインストールの自動化として使えます。よってSubiquityによるインストールの自動化は,長きに渡って強く要求されていた機能でした。

Ubuntu Weekly Topicsの2020年4月10日号でも紹介しているように,ようやくその自動インストール機能が実装され,幅広くテスト依頼を呼びかけられる状態になったのです。今回はそのテストも兼ねてSubiquityによるインストールの自動化方法を紹介しましょう。

ちなみにSubiquityはsnapパッケージとして提供されています。つまりUbuntu 18.04 LTSなど過去のリリースでも新しいバージョンのインストーラーを利用可能です。現時点でも,Ubuntu 18.04 LTSのサーバーをインストールしようとすると「新しいSubiquityパッケージがリリースされているが更新してからインストールするか?」との確認画面が表示されます。さらに18.04の最後のポイントリリースになるであろう18.04.5にも,自動インストールに対応したSubiquityが同梱される見込みです。

図2 Subiquityを最新版に更新してからインストールも可能

画像

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。