Ubuntu Weekly Recipe

第625回 Nextcloudでオフィスファイルを編集する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

6月3日にNextcloud Hub 19.0.0がリリースされました。このリリースの最大の特徴のひとつが,Nextcloud Hubに標準でインストールされ,Talkでチャット中にも利用できるようになったCollabora Onlineでしょう。これによりNextcloudにアップロードされたオフィスファイルを,ウェブブラウザーだけで編集できますし,さらにTalkアプリでメンバーと通話しながら同じファイルを共同編集できるようにもなるのです。

Nextcloud HubとCollabora Online

実際にCollabora Onlineを使ってみる前にNextcloudとNextcloud Hubで名前が異なる事情や,さらにはCollabora Onlineの仕組みについて簡単に説明しておきます。

より多機能に舵をきった「Nextcloud Hub」

おそらく多くの読者がご存知のようにNextcloudは自分で構築できるFLOSS(Free/Libre and Open Source Software)のクラウドストレージサービスです。Dropboxの登場以降,雨後の筍のように登場した各種クラウドストレージサービスに対して,⁠FLOSSでありオンプレミスで運用・構築できる」ことを強みにKDEのプロジェクトから登場したのがNextcloudの前身である「ownCloud」です※1⁠。

※1
ownCloudは過去にもたとえば第231回のownCloudで自分専用クラウドストレージで紹介しています。

このownCloudからなんやかんやあって2016年にプロジェクトごとフォークしたのがNextcloudです。Nextcloudはオープソースであることを重要視し,エンタープライズ版との機能差はありません。エンタープライズ版はあくまでサポートオプションという位置づけです。さらにownCloudから多くの開発者が移籍しています。ownCloudも引き続き積極的な開発が続いていますが,勢いはNextcloudのほうが強い印象を受けています。少なくとも個人が使う限りにおいてNextcloudを選んでおくのが無難でしょう。

このようにストレージサービスとして生を受けたNextcloudですが,今年1月にリリースされたバージョン18からNextcloud Hubと名乗るようになりました。

これは何かと言うと,これまでアプリとして提供されていた各種コラボレーションツールを最初からバンドルすることで,単なる「ストレージサービス」ではなくストレージ上のデータも活用した「コラボレーションサービス」として昇華したものであることを示しています。たとえば第610回のNextcloud Talkでリモートミーティングで紹介したチャット・ミーティングツールであるTalkアプリも,Nextcloud Hubとして最初から組み込まれるようになりました。

この「Nextcloud Hub」に所属する「Hubバンドル」には次のようなアプリケーションが存在します。

  • WebCal/CalDAVに対応したカレンダー機能である「Calendar」
  • オフィスファイルをリアルタイムに複数人で編集可能な「Collabora Online」とそのバックエンドサーバーである「CODE」
  • 共有可能なアドレス帳であるCardDAVのインターフェースとしての「Contacts」
  • ウェブメール環境である「Mail」
  • 他のユーザーとのチャットやビデオミーティングが開催できる「Talk」

もちろん純粋なストレージサービスとしてのNextcloudも残っています。初回セットアップ時に「Nextcloud Hubとして各種アプリをインストールする」かどうかを選ぶことでストレージサービスのみにするか選択可能になっています。また,Talkを含めNextcloud Hubとして統合されたアプリケーションを個別にインストールすることも可能です。端的に言うと,いくつかのアプリケーションをNextcloudが積極的にサポートするようになったのがNextcloud Hubの特徴と言えそうです。

エンタープライズ向けオンラインオフィススイートを提供する「Collabora Online」

このNextcloud Hubにバージョン19から統合されたのがCollabora Onlineです。

前項でも説明したように,Nextcloud Hubとして統合されたソフトウェアはもともとNextcloudのアプリケーションとして提供されていたものです。当然Collabora Onlineも以前からアプリケーション経由で導入は可能でした。

この「Collabora Online」アプリの元になった「Collabora Online」サービスは,Collabora社が提供しているウェブベースで動くオンラインオフィススイートです。その元になっている機能はLibreOfficeであり,LibreOfficeのコードを用いてウェブブラウザーから編集できるLibreOffice Online(LOOL)です。Collabora社は積極的にLibreOfficeの開発に関わることで,LibreOffice(Collabora Office)やLOOL(Collabora Online)サポートサービスを展開しています

このうちCollabora Onlineについては,そのサポートレベルに応じて複数の料金体系を用意しています。個人・開発者向けの無償版のCODE(Collabora Online Development Edition)は,サポートがつかないもののLOOLよりは安定的なサービスを構築できます。もちろん可用性も低くなっているのですが,個人で試してみる分には十分でしょう※2⁠。

※2
Nextcloudに組み込む場合など,1台のサーバーにのみCollabora OnlineをインストールするプランとしてCollabora Online Liteも計画されているようです。

Collabora社のアナウンスにもあるように,今回Nextcloud Hubに組み込まれたのは,外部のCollabora Onlineサービスと連携して使うフロントエンド,さらにNextcloudサーバー内部に組み込んだバックエンドとして利用する無償版のCODEです。

つまりNextcloud Hubサーバー上でLibreOffice Onlineが動き,そのサービスと連携してオフィスファイルを編集することになります。よってNextcloudが動くサーバーは,LibreOfficeがストレスなく動く程度のスペックは必要だと考えておきましょう。

NextcloudとCollabora Onlineを連携させると次のようなことがウェブブラウザーだけで実現可能になります。

  • ユーザー単位・グループ単位の閲覧・編集権限の管理
  • チャット・ビデオコールしながらの共同編集
  • ファイルのダウンロードの禁止

最後はブラウザー上での「閲覧・編集」のみ許可し,ファイルをローカルにダウンロードすることを禁止するNextcloudの機能となります。オフィスファイルの実データの所有範囲を限定したい場合に便利でしょう。ただし仕組みとしてダウンロードは禁止できるものの,閲覧は可能である以上,完全にデータの流出を防げるわけではありません。

こんなNextcloudとCollabora Onlineの組み合わせが,非常に簡単に構築できるようになったのです※3⁠。

※3
実はNextcloud Hubのバージョン18の時点ではオフィススイートとしてAscensio System社が開発するONLYOFFICEが採用されていました。目指していることはCollabora Onlineと同じですが,ONLYOFFICEはLibreOfficeと比べるとMicrosoft Officeとの互換性を重要視している印象を受けます。ONLYOFFICEからCollabora Onlineに移行した理由は不明ですが,ONLYOFFICEも引き続きアプリケーションとしてインストールは可能です。なお,ONLYOFFICEもまた外部サーバーが必要なので,別途サーバーをインストールする必要があります。ちなみにCollabora OnlineとONLYOFFICEの両方をインストールしておいて,ファイルを開く際に右クリックで起動するアプリを選択する運用も可能です。

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。