Ubuntu Weekly Recipe

第626回 UbuntuでもSteamのWindowsゲームを!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Valve社が運営しているゲーム配信サービスSteamは,UbuntuをはじめとするLinuxディストリビューションで動くゲームはもちろん,インディーズから有名タイトルまでさまざまなWindowsゲームを配信しています。今回はこのSteamをUbuntu 20.04 LTSにインストールする方法やWindowsゲームをUbuntu上でプレイする方法を紹介しましょう。

SteamとUbuntuとProton

「Steam」はValve社が運営しているゲーム配信サービスです。ユーザーはSteamクライアントをインストールしておけば,Steamにアップロードされたゲームを購入・インストールできます。さらにユーザー間のコミュニケーションや,実績システム,ゲーム実況など据え置き型ゲーム機に負けない機能を備えた,ゲームプラットフォームとなっています。2012年にはUbuntuのサポートが発表されUbuntu Weekly Topics 2012年7月20日号⁠,2013年の2月にはUbuntu版クライアントが正式にリリースされました。

図1 Unity3Dで作られたWindowsゲームであるPupuya Gamesのリトルウィッチノベタ(Little Witch Nobeta)も最近Steamでの先行配信が開始された

画像

クライアントがUbuntuに対応したとはいえ,Steam上に公開されているすべてのゲームがUbuntuでプレイできるというわけではありません。個々のゲームの紹介ページではサポートOSの一覧が掲載されており,そこに「Steamのアイコン」が記載されているゲームがUbuntuを含むLinuxでのプレイをサポートしています※1⁠。まずはSteamのサイトからLinux対応ゲームだけリストアップしたページで,どんなゲームがあるか見ておくとよいでしょう。Linuxサポート開始当初はあまり主だったゲームはありませんでしたが,最近はSteam全体のゲーム数が増えてきたこともあって,3Dシューティングからレトロゲームに至るまでそれなりの数のゲームがLinuxでもプレイできます。しかも一部は日本語にも対応しています。

※1
正確にはSteam OSをサポートしているゲームと言うべきかもしれません。Steam OSとはValve社自身が開発しているSteamクライアントインストール済みのDebianベースのディストリビューションです。Steam OSはもともと専用の「Steam Machine」という名前のハードウェア上で動かすことを想定していました。しかしながらSteam Machine自体はいつの間にか立ち消えとなってしまい,Steam OSのみが残された状態です。そのSteam OSもここ一年近くアップデートがありません。そもそもDebian 8(jessie)ベースであり,Debian 9(stretch)ベースのSteam OS 3.0はリリースされないままstretchの(LTSを除く)サポートが切れようとしています。もしSteam OSっぽいものが必要なら,今だとGamerOSあたりを試してみるのがいいのかもしれません。

動画1 リトルウィッチノベタは魔法を駆使してダンジョンを攻略するダークソウルライクなゲームという建前の,ひたすらノベタがかわいいゲーム

そうは言っても,やはり数も種類もWindows用ゲームのほうが圧倒的に多いです。そこでSteam PlayにおけるLinux上でのWindowsゲームのサポートが2018年にアナウンスされました。まず「Steam Play」は何かというと,これはどのプラットフォームのゲームであっても,一回購入すれば良いというシステムです。Windows/macOS/Linuxに対応したゲームに対して,一度購入すればWindowsにインストールしたSteamクライアントはもちろんのこと,他のプラットフォームにインストールしたクライアントでも追加の購入なく遊べます。それに対して2018年のアナウンスは,Linux上でWindowsゲームを購入した場合にLinux上でもそのままプレイできるようにしたというものです。あくまでベータ版ではありますが,多くのWindowsゲームライブラリーがLinux上でも遊べる可能性がでてきたのです。

図2 セーブから復帰するとノベタは眠っている。かわいい

画像

Linux上でのプレイを実現するためにProtonというソフトウェアが使われています。これはValveによるWineの改造版です。完全にWineから独立したわけではなく,Steamクライアントのリリースに合わせたリリースコントロールと,Steam固有のパッチを適用するためのプロジェクトのようで,その成果物は適宜Wineにフィードバックされています。Protonの最大の特徴はDirect3Dの対応のためにVulkanをサポートしていることです。これにより新しいハードウェアなら,Windowsでプレイするのと遜色ない速度・安定性を実現しています。

動画2 走っているうちにスタミナが切れると,何もないところでもこける。かわいい

ValveがProton経由でのプレイを確認しているものは「ホワイトリスト」として登録されています。ホワイトリストに登録されたゲームはSteam Play/Protonを有効化した時点でLinuxでも購入・プレイできるようになります。また,⁠ホワイトリストに入っていない」ゲームもプレイする設定も用意されています。ホワイトリストにないものでも,Linuxで期待通り動作するゲームは多く存在するため,興味のあるゲームをいろいろ試して見ると良いでしょう。ちなみにProtonDBでは,各ゲームの動作状況を確認できます※2⁠。また,Steamには返金システムも存在します。購入したもののUbuntuではうまく動かなかった場合,原則として返金してもらうことが可能です。詳しい条件はSteamのサポートページを参照してください。日本語なので安心です。

※2
ProtonDBではレポートごとに使用OSの情報が記載されています。BoilingSteam.comでは月ごとのレポートに対するOSのシェアの推移を掲載しているのですが,2018年の10月ぐらいには4割以上あったUbuntuのシェアが,2019年の10月には3割以下にまで減っているのがわかります。それに対して増えたのが,ArchとArchベースのManjaro,それにUbuntuベースのPop!_OSです。特にArch系はここ1年ぐらいでぐっと増えてきたようで,Arch系でまとめれば近いうちに「Ubuntu系」を超えるかもしれません(2020年6月のデータだとUbuntu+Pop!_OSを超えていました⁠⁠。BoilingSteam.comでは,ローリングリリースというArchの仕組みが,新しいハードウェアやドライバーを必要とするゲーマーの要求に合致しているのではないかと推測しています。

図3 セーブ時に祈りを捧げているノベタかわいい

画像

著者プロフィール

柴田充也(しばたみつや)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社 創夢所属。数年前にLaunchpad上でStellariumの翻訳をしたことがきっかけで,Ubuntuの翻訳にも関わるようになりました。