Ubuntu Weekly Recipe

第653回 Déjà Dupで簡単バックアップ 2021年版

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は第103回以来11年ぶりにバックアップツールである「Déjà Dup」⁠以降「Deja Dup⁠⁠)を紹介します。

Deja Dupとは

Deja DupはUbuntuにあらかじめインストールされているバックアップツールです。主にユーザーが作成したファイルやフォルダーをバックアップとそれを復元するためのアプリケーションです。

第103回にもあるようにUbuntu 9.04からリポジトリに入り,11.10からデフォルトのバックアップツールとなりました。

Deja Dupはわりと大きな変更を繰り返してきたアプリケーションであり,バージョン42からはユーザーインターフェースが大幅に変更されました。また長らくdeprecated(非推奨)だったAmazon S3またはその互換オブジェクトストレージにバックアップする機能も削除されました。

Deja DupはUbuntuのリポジトリのほか,Snapパッケージでも提供されています。後者は現在サポートされているすべてのUbuntuのバージョンで最新版(本記事の執筆段階では42.7)が使用できます。

そんな理由から,11年ぶりに紹介する価値があるように思いました。

ただし仮想マシンのような巨大なファイルが多い場合はrsyncでバックアップを取ったほうがいいでしょう。またシステム全体のバックアップには第588回で紹介したTimeShiftがおすすめです。

インストール

今回はSnapパッケージを使ってDeja Dupをインストールします。Ubuntuは20.04 LTSを使用しますが,このインストールだけは各Ubuntuのバージョンによって異なります。

Ubuntu 20.04 LTS(またはそれ以降)ではUbuntuソフトウェアを起動し,左側にある虫眼鏡アイコンをクリックして「deja」と入力し,検索します。すると「Déjà Dup バックアップツール」がヒットします図1⁠。

図1 ⁠deja」で検索する

図1

インストールされている場合はここをクリックして「削除」をクリックしてください図2⁠。もちろん必須ではありませんが,残しておいてもメリットはないでしょう。

図2 Deja Dupがあらかじめインストールされている場合は削除する(推奨)

図2

右上の「ソース」の横が「latest/stable」になっていない場合は,▼をクリックして「Snapストア」「チャンネル latest/stable」を選択してください図3⁠。⁠インストール」をクリックするとSnapパッケージ版がインストールされますので,しばらくお待ちください。

図3 ⁠ソース」を切り替えてSnapパッケージ版を選択する

図3

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamのメンバー。VirtualBoxなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。