Ubuntu Weekly Recipe

第705回 Radeon Software for Linuxを使用する[2022年版]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回はAMDがリリースしているUbuntu用Radeonドライバーの使用方法を紹介します。第471回の更新になります。

Radeon用ドライバーについて

AMDはNVIDIAと違いドライバーをオープンソースで開発しています。アップストリームのカーネルやMESAで開発しているため,新しいUbuntuでは新しいGPUが使用可能となります。

それだけでなく,AMDもRadeonのドライバー配布ページでUbuntu用(だけではありませんが)ドライバーである「Radeon Software for Linux」を配布しています。第471回によると,2016年からドライバーとプロプライエタリなVulkan実行環境を含んで配布されていたようです。

それからしばらく経ち,2021年11月にリリースされた21.40.1で大きな変更がありました。

これまでは関連するパッケージを含んだ状態で配布しており,ローカルにリポジトリを作成してパッケージを取得するという方式でした。しかし21.40.1からはリポジトリの情報をパッケージとして配布し,ドライバーその他に関してAMDが用意しているリポジトリから取得するようになりました。すなわち,最初にダウンロードするファイルのサイズが劇的に小さくなりました※1⁠。

※1
原稿を執筆する上ではパッケージとインストール方法をまとめて配布してくれるほうが,簡単に過去をたどることができて楽なのですが……。

また「GPU演算向けのオープン・ソフトウェア・プラットフォーム」であるROCmも含むようになりました。必ずしもオープンソースというわけではないようですが,OpenCLなどオープンソースでも使用可能な部分があります。

特にアナウンスはありませんが,AMDVLKによるVulkanのオープンソースドライバーも使用できるようになっています。

すなわち,21.40.1以降オープンソースでもOpenCLが高速化され,Vulkanまで使用できるようになりました。

AMDはまた,Radeon PROシリーズも展開しています。Radeon Software for LinuxはこのRadeon PROにも対応しており,より性能を引き出すためのプロプライエタリな部分(具体的にはOpenGLドライバーとVulkanドライバーが該当)を使用します。

よって次のように役割分担が明確になりました。

  • Radeon:オープンソースのみで構成
  • Radeon PRO:オープンソース+プロプライエタリ

長々と述べましたが,NVIDIA GeForceではクローズドソースにしている部分も,Radeonであればオープンソースで使用できるのが大きな特徴です。

今回使用したハードウェア

今回使用したハードウェアは,RD-RX6500XT-E4GB/SFです。写真を見ればわかるとおりOEM元はPowerColorです。GPUはRadeon RX 6500 XTです。

Radeon RX 6500 XTは広く伝えられているように,あまりにも割り切りがよすぎて便利な場面が限定されるため,お勧めするのはなかなか難しいです。筆者はOpenCLが高速化されたことを期待し※2⁠,かつディスプレイ出力も1つあれば充分(むしろほとんどがヘッドレス運用※3⁠)なので購入しました。

※2
ここが本記事のフラグです。覚えておいてください。
※3
というのもこれはビルド用PCで,画面を見ることはあまりなくてリモート接続して端末からコマンドを叩くことが多いです。

今回使用したRadeon Software for Linuxのバージョン

今回使用したRadeon Software for Linuxのバージョンは20.50です。Radeon RX 6500 XTとUbuntu 20.04.4 LTSのHWEカーネル(5.13)に対応した最初のバージョンです。

ここからもわかるように今回使用したUbuntuのバージョンは20.04 LTSです。カーネルのバージョンが同じなので21.10でも使用できるかもしれませんが,確認はしていません。

パッケージのダウンロードとインストール

パッケージのダウンロードは,Radeonのドライバー配布ページからGPUを選択し,⁠Ubuntu x86 64ビット」にある「Radeon Software for Linux installer version 21.50 for Ubuntu 20.04.4」「ダウンロード」をクリックします。

インストールは,ダウンロードしたパッケージをダブルクリックしてUbuntu Softwareを起動し,インストールするのが簡単でしょう。

Radeon Software for Linuxのインストール

Radeon Software for Linuxをインストールするには,端末を起動して次のコマンドを実行します。

$ sudo amdgpu-install --usecase=graphics --vulkan=amdvlk --opencl=rocr

これでVulkanとOpenCLともにオープンソースのバージョンを選択してインストールできます。

インストール完了後,再起動してください。⁠このシステムについて」を表示すると図1のようになりました。Radeon RX 6500 XTは「Beige goby※4⁠」というコードネームであることがわかります。

※4
RDNA2アーキテクチャーのローエンドモデル,Navi24のコードネームのようです。

図1 ⁠グラフィック」「Beige goby」になっている

図1

パッケージを確認する

インストールしたパッケージの中身を確認してみましょう。

$ dpkg -L amdgpu-install 
/.
/etc
/etc/apt
/etc/apt/sources.list.d
/etc/apt/sources.list.d/amdgpu.list
/etc/apt/sources.list.d/rocm.list
/etc/apt/trusted.gpg.d
/etc/apt/trusted.gpg.d/rocm-keyring.gpg
/usr
/usr/bin
/usr/bin/amdgpu-install
/usr/share
/usr/share/amdgpu-install
/usr/share/amdgpu-install/AMDGPUPROEULA
/usr/share/doc
/usr/share/doc/amdgpu-install
/usr/share/doc/amdgpu-install/changelog.Debian.gz
/usr/share/doc/amdgpu-install/copyright

おおむねリポジトリ情報とインストールスクリプトしかないことがわかります。

amdgpu.listの中身も見てみましょう。

$ cat /etc/apt/sources.list.d/amdgpu.list
deb https://repo.radeon.com/amdgpu/21.50/ubuntu focal main
#deb-src https://repo.radeon.com/amdgpu/21.50/ubuntu focal main

なんと,バージョンごとにリポジトリを分けています。新しいバージョンのドライバーがリリースされた場合は,パッケージのダウンロードをやり直してアップデートする方式を想定しているようで,注意が必要です。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamのメンバー。VirtualBoxなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。