Ubuntu Weekly Recipe

第715回 Lenovo ThinkPad X13 Gen2 AMDにUbuntu 22.04 LTSをインストールして使用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

今回は,新たに購入したLenovo ThinkPad X13 Gen2 AMDに,Ubuntu 22.04 LTSをインストールして使用してみました。使用感やベンチマークを見ていきます。

選定理由

これまで使用していたパナソニック レッツノート CF-SZ6FD3QRは購入から5年以上経過し,ただでさえ少ない8GiBメモリーでは日常的な使用が厳しくなってきました。もちろん故障の心配もあります。

次のノートPCを何にするかは悩ましかったのですが,AMD好きとしてはやはりノートPCでもAMDを使用することを決めて機種選定しました。となるとレッツノートは選択肢から外れることになります。軽量かつ頑丈でUbuntuも素直に動くので,実に悩ましい決断ではありました。

昨今の半導体不足,物流の混乱などの諸問題を受け全体的にPCの入手性が悪くなっている中,今回購入したのはLenovo ThinkPad X13 Gen2 AMDです。2022年1月半ばの購入時点で確認したところでは納期1ヶ月程度の予定だったのと,予算的にも問題なかったからです。

この「予算内」というのはなかなかに曲者で,CPUもメモリーもディスプレイもこんなにいいものでなくても良かったのですが,とりあえず盛れるものは盛っておけという判断になりました。

実際の納期は2022年4月6日で,納期1か月はどこいったという感じではありましたが,このご時世では致し方ないところであります。

ThinkPad X13 Gen2 AMDはLaptop system certified with Ubuntuということで,海外ではUbuntuプリインストールモデルも選択できます。ということはUbuntuが問題なく動作するのは間違いないので,これもまた決めた理由の1つです。

レッツノートと比較するとバッテリーの持ちが悪くなることは予想できましたが,バッテリーを大容量タイプに変更でき,またそれでも足りなかったらUSB-C経由でモバイルバッテリーを接続すればいいので,おそらく問題ないだろうという判断もありました。バッテリーほかスペックを盛れるだけ盛ったら重さが1.3kgほどになり,レッツノートよりは重くなってしまったのは問題ではあります。

もうまもなくGen3が発売されるようですが,現在でもGen1が併売されているところからGen2も当面は入手できるでしょう。もちろん今回の記事はGen3でもおおむね役に立つと思われます。

ハードウェアスペック

図1「このシステムについて⁠⁠,すなわちハードウェアスペックの概要です。

図1 ThinkPad X13 Gen2 AMDの「このシステムについて」

図1

では個別に見ていきましょう。

CPU

CPUは「AMD Ryzen 7 PRO 5850U with Radeon Graphics」です。8コア16スレッドモデルですが,ノートPCでこれだけのスレッド数が必要になる理由は正直なところよくわかりません。筆者はCIをぶん回してDockerにデプロイするような開発職ではないため,完全に宝の持ち腐れです。検証用にVirtualBoxを使用することはあるため,メモリーと合わせて複数の仮想マシンを同時に使用できるのはメリットではありそうですが,いつもではありません。

メモリー

システムメモリーは32GiBですが,やはりノートPCで32GiBものメモリーが必要になる理由はよくわかりません。8コア16スレッドのCPUをフルパワーでぶん回すと16GiBメモリーでは足りなくなることは経験としてわかっているのですが,ノートPCでそこまですることはありません。

とはいえメモリーの余裕は心の余裕であり,レッツノートの8GiBに苦しんだことを考えるとちょうどいい気はします。

ストレージ

ストレージは「WDC PC SN730 SDBQNTY-512G-1001」です。見慣れない型番ですが,PCメーカーに卸すモデルのようです。日常的なデータ置き場と仮想マシン置き場で512GiBでもやや多いかなという感じです。

とはいえストレージの余裕は心の余裕であり,レッツノートの256GiBに苦しんだことを考えるとちょうどいい気はします。

有線LAN

有線LANは「RTL8111/8168/8411 PCI Express Gigabit Ethernet Controller」です。NICは乗っていますが,RJ45コネクターはないので実質使用できません。ドッキングステーションを接続する必要があるようです。

よってAnker PowerExpand USB-C & イーサネット アダプタを購入しました。AX88179として問題なく認識しています。

無線LAN

無線LANは「Wi-Fi 6 AX200」です。鉄板ともいうべきWi-Fi 6 AX200が搭載されており,これも決め手の1つです。Ubuntuでも安定して動作することは第696回でも紹介したとおりです。

モデム

モデムは「EM120R-GL LTE Modem」です。構成上外せなかったのでLTEモデムも搭載されています。SIMカードを挿せば使えるはずですが今回は使用していません。今後も使用予定はないため,Ubuntuでオフにしています。

USBコントローラー

USBコントローラーは「uPD720202 USB 3.0 Host Controller」です。理由は不明ですが,ルネサス(というか元NECの半導体部門)の鉄板USB 3.0コントローラーが搭載されていました。

内部的に無線LAN注1⁠,指紋センサー,カメラがUSB接続されているため,ポートが足りないのかもしれません。またはドッキングステーション用かもしれません。

注1
Wi-Fi 6 AX200はPCI Express接続のはずですが,lsusbコマンドで出てきたのでUSB接続しているものと思われます。

指紋センサー

指紋センサーは「Goodix USB2.0 MISC」です。電源ボタンに指紋センサーがついており,Ubuntuでも使用可能です。使用感は後述します。

キーボードバックライト

キーボードバックライトは特にハードウェアとしては見えていないのですが(見落としているだけかもしれません⁠⁠,キーボードにバックライトがあるのもお気に入りのポイントです。明るさ2段階とオフの3段階から選択できます。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamのメンバー。VirtualBoxなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。