Ubuntu Weekly Recipe

第556回 SMR方式のHDDでも実用できるか検証する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

昨今流通している新方式,SMRを採用したHDDはUbuntuでも充分な速度が出るかを検証しました。

昨今のHDD事情

ストレージデバイスとしてはSSDが普及し,特に500GBクラス以下では普通に使われるようになりました。そしてそれが価格の下落により年内には1TBクラス(あるいはそれ以上)になるであろうという予測がUbuntu Weekly Topics 2019年1月7日新春特別号で言及されており,筆者も同感です。この見解は筆者の勝手な推測も混ぜていますが。

より大容量(2〜3TB以上)が必要な用途にはHDDが選択されるのは当面は変わらないでしょうが,そのHDDの容量増加は足踏み状態となっています。HDDは昔はともかく現在において2.5インチと3.5インチしかなく,容量を増やすためにはディスク(プラッタ)1枚あたりに書き込めるファイルサイズを大きくするか,1台に入れるプラッタの枚数を増やすかしかありません。

後者のことはさておいとくとして,前者はSMRという新しいアプローチが登場し,製品もすでに流通しています。

ただ,SMRはWikipediaののページでも説明されているように従来の方式とはだいぶ異なる特性を持つため,実際に使いものになるかどうかは試してみないとわかりません。

そこで今回実物を用意し,筆者の用途に合うかどうかを検証することにしました。

使用ハードウェア

今回使用するHDDはメーカーがSMR採用ドライブであることを公表しているSeagate ST4000DM004です。比較としてたまたま筆者宅にあったWestern Digital WD40EZRZ-RT2も使用します※1)⁠ST4000DM004と比較して容量と回転速度は同じなので,比較対象としてぴったりでしょう。ST4000DM004のプラッタは2枚,WD40EZRZ-RT2はプラッタ3枚です。

※1
SeagateのNASモデルであるST4000VN008もあり,こちらも従来の方式なのでどちらと比較するかを迷いましたが,同価格帯ということでWD40EZRZ-RT2にしました。なぜ使ってないHDDがこんなにいろいろあるのかは聞かないでください。

2台のHDDはドライブケースRS-EC32-U31Rに接続します。HDD以外の条件は同じという副次的な効果も期待できます。

なお,RS-EC32-U31RはUbuntuの「ディスク」⁠GNOME Disks)からでもS.M.A.R.T.の値が取得できて便利です図1)⁠RS-EC32-U3Rではできませんでした。

図1 ST4000DM004のS.M.A.R.T.の実行結果。Read Error RateとSeek Error RateとHardware ECC Recoveredの値が多いのはSeagate製HDD全般に見られるもので,故障ではない。温度36度は,実はWD40EZRZ-RT2よりも高い

画像

ドライブケースには,玄人志向のGW3.5ACX2-U3.1ACを使うことも考えました。RS-EC32-U31Rと比較しておおむね同じことができ,実売価格は半額くらいだからです。しかし今回はHDDの取り外しの難易度が格段に楽なRS-EC32-U31Rを選択しました。ただST4000DM004は通常のHDDより背が低いため,ネジで固定するGW3.5ACX2-U3.1ACのほうがいいかもしれません図2)⁠

図2 2台のHDDをRS-EC32-U31Rに接続したところ。左側に接続されているST4000DM004には隙間が見える。下に敷いてあるものを気にしてはいけない

画像

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese TeamとLibreOffice日本語チームのメンバー。LibreOffice,VirtualBox,Joplin,Budgieデスクトップなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。

コメント

コメントの記入