統計学がわかる

サポートページ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ダウンロード

本書での主要な計算を行っているExcelファイルが,一括ダウンロードできます。ZIP形式にて圧縮してありますので,解凍してご利用ください。

  • Excelファイルのダウンロード
  • お詫びと訂正(正誤表)

    第1,2刷に関する訂正とお詫び(2008.04.18)

    本書第1,2刷において,以下の不正確な記述がありました。母集団が正規分布するとき,標本平均の分布も正規分布になります。t分布は信頼区間を求める際に必要となる分布です。ここに訂正してお詫び申し上げます。なお,計算で得られる答えに関しては,本書のままで合っています。

    P.42 下から4行目
    これらの標本平均の分布を描いてみると,先ほどの正規分布の形に近いt分布という分布になります。
    これらの標本平均の分布を描いてみると,これも正規分布になります。

    P.43 図2-3-2 右下部分
    標本平均の分布:t分布
    標本平均の分布:正規分布

    P.43 2行目
    図2-3-3の,標本平均の分布図
    図2-3-3の,母集団の分布図

    P.43 図2-3-3タイトル
    標本の平均がt分布のどこに入るか
    標本の平均が母集団の分布のどこに入るか

    P.43 図2-3-3

    「t分布」の文字を削除してください。


    P.44 図2-3-4タイトル
    t分布における……
    母集団の分布における……

    P.44 図2-3-4

    「t分布」の文字を削除してください。


    P.45 図2-3-5

    「t分布」の文字を削除してください。


    P.45 下から二行目「この「t」の具体的な値を決めるために,」の後を以下に差し替え。
    正規分布に似たつりがね型のt分布を使います。t分布はサンプルサイズによって少しずつ形が変わります。サンプルサイズが10のときのt分布は図2-3-6のようになります。ここで面積が95%になるようなtの値を決めます。

    P.46 図2-3-6タイトル
    平均が0,標準偏差が1のt分布
    サンプルサイズ10(自由度9)のt分布

    P.85 図4-2-2
    t分布
    正規分布

    P.86 2行目
    この分布はt分布にしたがうので
    この分布も正規分布にしたがい