失敗から学ぶ RDBの正しい歩き方

サポートページ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

お詫びと訂正(正誤表)

本書の以下の部分に誤りがありました。ここに訂正するとともに,ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

(2019年5月23日最終更新)

第12章 P.162

・デッドロックの可否
・デッドロックの有無

(以下2019年5月20日更新)

第8章 P.110

しかもJSONは値の型を指できないため、こういった型の違いを制限できません。
しかもJSONは値の型を指定できないため、こういった型の違いを制限できません。

(以下2019年4月8日更新)

第3章 P.35 リスト3.8


SELECT
  単価表1.単価 AS 単価1
  , 単価表1.会員id AS 会員1id
  , 単価表2.単価 AS 単価2
  , 単価表2.会員id AS 会員2id
FROM
  ( 
    SELECT
      単価表1.単価 AS 単価1
      , 単価表1.会員id AS 会員1id
      , 単価表2.単価 AS 単価2
      , 単価表2.会員 id AS 会員2id
    FROM
      単価表 AS 単価表1
      INNER JOIN 単価表 AS 単価表2
        ON 単価表1.単価id < 単価表2.単価id
        AND 単価表1.会員id <> 単価表2.会員id
    WHERE
      (単価表1.単価 + 単価表2.単価) > : 合計単価
  ) AS 単価組み合わせ表
  INNER JOIN 会員
    ON 会員.user_id = 単価組み合わせ表.会員1id
    AND 会員.user_id = (SELECT 会社id FROM 会社 WHERE 会社名 = '株式会社そーだい')


SELECT
  単価1
  , 会員1id
  , 単価2
  , 会員2id
FROM
  ( 
    SELECT
      単価表1.単価 AS 単価1
      , 単価表1.会員id AS 会員1id
      , 単価表2.単価 AS 単価2
      , 単価表2.会員id AS 会員2id 
    FROM
      単価表 AS 単価表1 
      INNER JOIN 単価表 AS 単価表2 
        ON 単価表1.単価id < 単価表2.単価id 
        AND 単価表1.会員id <> 単価表2.会員id 
    WHERE
      (単価表1.単価 + 単価表2.単価) > :合計単価
  ) AS 単価組合せ表 
  INNER JOIN 会員 
    ON 会員.会員id = 単価組合せ表.会員1id
    AND 会員.会社id = (SELECT 会社id FROM 会社 WHERE 会社名 = '株式会社 そーだい')

(以下2019年4月3日更新)

第6章 P.76 図6.3 中央の表

誤
正

(以下2019年3月28日更新)

第2章 P.14

RDBは、“時間軸と直行するような設計”が大切です。ですがそれを使ったサービスとしては、時間軸と直行しないデータ=履歴を保存することが同じくらい重要です。
RDBは、“時間軸と直交するような設計”が大切です。ですがそれを使ったサービスとしては、時間軸と直交しないデータ=履歴を保存することが同じくらい重要です。

(以下2019年3月20日更新)

第17章 P.228

開発者B:CASE文とサブクエリの嵐ですね……。
開発者B:CASEとサブクエリの嵐ですね……。

(以下2019年3月18日更新)

第3章 P.25 リスト3.1 2行め

 単価表1. 単価 AS 単価1
 単価表1.単価 AS 単価1

「単価表1」と「.単価」の間に余計な半角スペースがありました。

第3章 P.25 リスト3.1 9行め

    ON 単価表1.単価 id < 単価表2.単価id
    ON 単価表1.単価id < 単価表2.単価id

「単価」と「id」の間に余計な半角スペースがありました。

第3章 P.35 リスト3.8 12行め

      , 単価表2.会員 id AS 会員2id

      , 単価表2.会員id AS 会員2id

「会員」と「id」の間に余計な半角スペースがありました。

(以下2019年3月11日更新)

第2章 P.15 図2.2

誤
正

第2章 P.16 図2.3

誤
正

(以下2019年3月7日更新)

第3章 P.32

INDEX1つでこのように大きく計算結果が変わるのです。
INDEX1つでこのように大きく計算コストが変わるのです。