情報処理技術者試験シリーズ令和02【春期】情報セキュリティマネジメント パーフェクトラーニング過去問題集

[表紙]令和02年【春期】情報セキュリティマネジメント パーフェクトラーニング過去問題集

B5判/368ページ

定価(本体1,480円+税)

ISBN 978-4-297-10947-9

ただいま弊社在庫はございません。

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

「情報セキュリティマネジメント試験」の過去問題集です。本書では令和元年秋試験から平成29年秋試験までの計5回を掲載。加えて,平成29年春期から平成28年春期までの過去問題+予想問題3回分の,合計6回の問題&解答・解説をPDFでダウンロード提供。本紙と付録合わせて11回分の問題に取り組むことができます。
午前問題は問題と解答を同時に見られる見開き構成で,効率的に勉強を進められます。午後問題は大問1問ごとに解説し,長文問題もしっかり対策できます。解説はセキュリティのプロが行っているので,基礎を問うものから最新の時事ネタを絡めたものまで,どんな問題のポイントもしっかり理解できます。確かな知識と得点力を身に付けられるはずです。
さらに,購入者特典として,パソコンやスマートフォンで読める電子書籍『要点整理ブック』を無料でダウンロードいただけます。『要点整理ブック』では,情報セキュリティマネジメント試験で問われる重要用語をまとめて解説しています。スマートフォンでも読めるので,ちょっとした時間に試験対策を行えます。しっかり知識を身に付けたら,本書の巻末に付いているマークシートの答案用紙を利用して,本番と同じような演習も可能です。
類題の出題が多い情報処理技術者試験では,過去問演習が合格への王道にして近道です。本書でしっかり傾向と対策をつかみ,合格への切符を手にしましょう!

こんな方におすすめ

  • 情報セキュリティマネジメント試験を受験する人

この書籍に関連する記事があります!

昭和の情報処理試験問題を発見したので公開します
情報処理技術者試験は,昭和44年(1969年)に開始され,のべ2000万人以上が受験している歴史ある国家試験です。

本書のサンプル

本書の紙面イメージは次のとおりです。画像をクリックすることで拡大して確認することができます。

サンプル画像1

サンプル画像2

サンプル画像3

サンプル画像4

サンプル画像5

目次

  • はじめに
  • 試験概要
  • 試験対策
  • 近年の情報セキュリティ動向
  • 次回の試験について
  • 試験当日について

過去問題の詳細解説

  • 令和元年度【秋期】
    • 午前(問題,解答・解説)
    • 午後(問題,解答・解説)
  • 平成31年度【春期】
    • 午前(問題,解答・解説)
    • 午後(問題,解答・解説)
  • 平成30年度【秋期】
    • 午前(問題,解答・解説)
    • 午後(問題,解答・解説)
  • 平成30年度【春期】
    • 午前(問題,解答・解説)
    • 午後(問題,解答・解説)
  • 平成29年度【秋期】
    • 午前(問題,解答・解説)
    • 午後(問題,解答・解説)

付録

  • 答案用紙
  • 解答一覧

著者プロフィール

庄司勝哉(しょうじかつや)

株式会社ラック
2012年からシステムエンジニアとして金融機関のシステム基盤構築を担当。2019年からはラックのサイバー・グリッド・ジャパンにて,AIを活用した脅威情報の分析技術の研究・開発を行っている。保有資格は情報処理安全確保支援士,データベーススペシャリスト,ネットワークスペシャリスト,情報セキュリティマネジメント他。


星代介(ほしだいすけ)

株式会社ラック
情報セキュリティコンサルタントを経て,現在はラックセキュリティアカデミーにて,インシデントレスポンス研修や演習型講習等の企画及び講師を担当。また,執筆活動や情報処理安全確保支援士の集合講習講師としての活動等を行っている。保有資格は情報処理安全確保支援士,ネットワークスペシャリスト,CISSP,CompTIASecurity+他。
ラックセキュリティアカデミーWebサイト:https://www.lac.co.jp/service/education/


吉川允樹(よしかわまさき)

株式会社リクルートテクノロジーズ
官公庁や金融インフラを対象とするWebアプリケーション診断や,開発現場でのWeb・プラットフォームセキュリティの監査などを担当。現在はCSIRTの一員として自社サービスに対するペネトレーションテスト,脆弱性解析,スレットハンティング,インシデント対応などを行う。また,業務のかたわらOWASP(Open WebApplication Security Project) Japanのチームとして広報活動も行う。保有資格はGCIH,GXPN他。