情報処理技術者試験シリーズネスペR3
- 本物のネットワークスペシャリストになるための最も詳しい過去問解説

[表紙]ネスペR3 - 本物のネットワークスペシャリストになるための最も詳しい過去問解説

紙版発売

A5判/360ページ

定価2,728円(本体2,480円+税10%)

ISBN 978-4-297-12465-6

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

午後対策の定番書『ネスペ』シリーズの令和3年度試験版。ネットワークスペシャリスト試験の「午後Ⅰ・午後Ⅱ」に的を絞って徹底的に分析し,取り組み方を解説します。令和3年度の試験では,RSTP,OSPF,BGP,優先制御に関する,これまでにない深いところが問われました。これらの技術の基礎についても解説するとともに,問題文で問われている深い内容についても丁寧に説明し,理解を促します。本書を読み込むことで,答えを導き出す思考プロセスや解答の組み立て方がよくわかり,正答以外がなぜ間違っているかも納得でき,「真の実力」が身に付きます。
また,合格者の復元解答(著者による予想採点あり)を掲載しています。復元解答からは,答えがわからなくても部分点をもらえる(かもしれない)記述の例も読み取ることができます。また,ぎりぎり合格だった場合の解答のレベルもわかり,「あきらめずに,とにかく解答欄を埋めること」が大事だということも実感できるでしょう。合格者による合格体験談は,受験者の勉強への励みと心の支えになります。
そして,資格だけ持っていて業務に活かせないネットワークスペシャリストでは意味がありません。単なる過去問解説だけでなく,実務での実状や,実際の設定も紹介し,深い知識と経験を身に付けられるような本を目指しました。受験者に「本物のネットワークスペシャリスト」になってほしいという著者の願いが詰まった一冊です。

こんな方におすすめ

  • 詳しい過去問解説書を探しているネスペ試験受験者
  • 午後対策に活用したい受験者
  • 午後Ⅰ午後Ⅱの攻略法を知りたい受験者

目次

第1章 本書の使い方/過去問を解くための基礎知識

  • 1.1 本書の使い方と合格体験記
  • 1.2 優先制御の基礎解説
  • 1.3 STPの基礎解説
  • 1.4 BGPの基礎解説
        
    • [ネットワークSE column 1]オンライン会議

第2章 過去問解説 令和3年度 午後Ⅰ

  • 2.1 令和3年度 午後Ⅰ 問1
        
    • [ネットワークSE column 2]「まあ,いいか」「それがどうした」
  • 2.2 令和3年度 午後Ⅰ 問2
        
    • [ネットワークSE column 3]部分点と点数のかさ上げ
  • 2.3 令和3年度 午後Ⅰ 問3
        
    • [ネットワークSE column 4]本の制作についてのちょっとした裏話

第3章 過去問解説 令和3年度 午後Ⅱ

  • 3.1 令和3年度 午後Ⅱ 問1
        
    • [ネットワークSE column 5]自分の強みと弱み
  • 3.2 令和3年度 午後Ⅱ 問2
        
    • [ネットワークSE column 6]久しぶりの再会

著者プロフィール

左門至峰(さもんしほう)

ネットワークスペシャリスト。執筆実績として,本書のネットワークスペシャリスト試験対策『ネスペ』シリーズ(技術評論社),『FortiGateで始める企業ネットワークセキュリティ』(日経BP社),『ストーリーで学ぶ ネットワークの基本』(インプレス),『日経NETWORK』(日経BP社)や「INTERNET Watch」での連載などがある。
また,講演や研修・セミナーも精力的に実施。
保有資格は,ネットワークスペシャリスト,テクニカルエンジニア(ネットワーク),技術士(情報工学),情報処理安全確保支援士,プロジェクトマネージャ,システム監査技術者,ITストラテジストなど多数。


平田賀一(ひらたのりかず)

システムエンジニア。執筆実績は『ITサービスマネージャ「専門知識+午後問題」の重点対策』(アイテック)など。
保有資格は,ネットワークスペシャリスト,技術士(情報工学部門,電気電子部門,総合技術管理部門),1級電気通信工事施工管理技士補,Azure DataScientist Associate など。
最近のお気に入りは,Windows Subsystem for LinuxとVisual Studio Code。Microsoft信者になりつつある。