週刊Webテク通信

2018年11月第4週号 1位は,ウェブデザイン用に本当に使えるカラーパレットを作る方法,気になるネタは,広告なしで再生できる「YouTube Premium」日本上陸--音楽特化の「YouTube Music」も

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

ネットで見かけたWebテク(Webテクニック・Webテクノロジー)記事から,Webデザイナーの目で厳選したネタを週刊で紹介するこのコーナー。今回は,2018年11月12日~11月18日の間に見つけた記事のベスト5です。

1. Building Your Color Palettehttps://refactoringui.com/previews/building-your-color-palette/

ウェブデザイン用のカラーパレットを作る方法を解説した記事です。

よくあるジェネレーターで5色のカラースキームを作っても,そのままウェブデザインに適用はできません。もっと様々な色のセットが必要だからです。

グレー,プライマリーカラー,アクセント色(数種類)を,それぞれ明度を変えた数種類そろえたカラーパレットが必要ということで,その選び方などを紹介しています。

ほとんどのプロジェクトでは,1つの色ごとに少なくとも5種類の明度を変えた色が必要とのことでした。

図1 ウェブデザイン用のカラーパレットを作る方法

図1 ウェブデザイン用のカラーパレットを作る方法

2. Predicting the Graphic Design Trends of 2019 – Hayley Salyer – Mediumhttps://medium.com/@hayley_salyer/predicting-the-graphic-design-trends-of-2019-663c44e39bee

2019年のグラフィックデザインの動向を予測した記事です。

  1. ショーケースの中の商品ディスプレイ
  2. 古典的なデザイン
  3. 昔のデザインを現代的にリバイバル
  4. 彩度の低い自然な色
  5. 手描きのイラスト,文字,グラフィックスのデジタル化
  6. 無秩序さをプラスする
  7. 広告でデザインを台無しにしない
  8. 図2 2019年のグラフィックデザインの動向予測

    図2 2019年のグラフィックデザインの動向予測

    3. GitHub - GoogleChromeLabs/ProjectVisBug: 🎨 Make any webpage feel like an artboard, download extension herehttps://github.com/GoogleChromeLabs/ProjectVisBug

    VisBugはGoogle Chrome Labsが提供するChromeの拡張機能で,デベロッパーツールの機能の一部をより使いやすく提供するツールです。

    カーソルを合わせた要素のサイズやCSSの設定がポップアップで一覧できたり,テキストやマージン,パディングのサイズを矢印キーで変更して確認できるなど,デベロッパーツールより簡単に使えるところが便利です。

    一方,CSSを記述して適用させるなど,デベロッパーツールにはあるけどVisBugにはない機能も多いので,併用する必要があるでしょう。

    図3 デベロッパーツールの機能の一部を使いやすく提供するChrome拡張機能

    図3 デベロッパーツールの機能の一部を使いやすく提供するChrome拡張機能

    4. Great UX designers to follow on Twitterhttps://flawlessapp.io/blog/great-ux-designers-to-follow-on-twitter/

    TwitterでフォローすべきUXデザイナーのアカウントをまとめています。

    8つのアカウントについては,簡単なその人の紹介と画像付きツイートを掲載しているのでわかりやすいです。

    さらに,テキストだけでの紹介で,デザイナーや企業,ブログのアカウントも紹介しています。

    図4 フォローすべきUXデザイナーのアカウントいろいろ

    図4 フォローすべきUXデザイナーのアカウントいろいろ

    5. Gamification: A guide for designers to a misunderstood concepthttps://uxdesign.cc/gamification-aguide-for-designers-to-a-misunderstood-concept-4de5bef0c5d9

    ゲーミフィケーションについてのデザイナーのためのガイドです。

    ゲームの要素をゲーム以外の製品やサービスに追加するゲーミフィケーションについて,どのように正しい方法でゲームシステムを構築するかを解説しています。また,3つの実例も興味深い内容でした。

    図5 ゲーミフィケーションについてのデザイナーのためのガイド

    図5 ゲーミフィケーションについてのデザイナーのためのガイド

    そのほか,最近の記事の中から,気になるニュース記事を紹介します。

    先週の気になるWebサービス

    Buffer Stories Creator - Quickly create thumb-stopping content for Facebook and Instagram Storieshttps://buffer.com/stories-creator

    Bufferが提供する,Facebook/Instagramのストーリーのための画像を作るサービスです。ストーリー画面(風)のプレビューを見ながらビジュアルを作成できます。

    背景画像1点と,ロゴなどの画像1点をアップロードできます。テキストは,タイトル/本文/キャプションと3種類の配置が可能です。もちろんフォントや文字サイズ,揃えを変更できます。

    テキストに日本語は使えますが,日本語用のフォントがありません。わたしの環境では,このサービス上で日本語入力はできませんでしたが,日本語テキストのペーストはできました。

    図6 ストーリーのための画像作成サービス

    図6 ストーリーのための画像作成サービス

    今週の気になるWebネタ

    広告なしで再生できる「YouTube Premium」日本上陸--音楽特化の「YouTube Music」も - CNET Japanhttps://japan.cnet.com/article/35128637/

    YouTubeの有料版「YouTube Premium」「YouTube Music」が日本でもスタートしました。YouTube Premiumには,YouTube Music Premiumも含まれています。

    YouTube Premiumに契約すれば,広告なしで動画を再生できるのが大きなメリットです。ほかに,バックグラウンド再生,オフライン再生ができるのも便利そうです。

    広告なしでYouTubeが見られるのは大変魅力的ですが,月額1180円(iTunes払いだと月額1550円)というのはちょっと高いという声もあがっています。YouTube Music Premiumもセットと考えるとお得感があるんでしょうが,ほかの音楽定額配信サービスを使っている人も多いと思うので,悩ましいところですね。

著者プロフィール

芦之由(あしのよし)

Webデザインやサイト制作に役立つブログ記事やニュースをほぼデイリーでお届けするメルマガ「デイリーWebテク」発行人。フリーのWebデザイナー兼イラストレーター&ライター。シャープMZ-80Bからのパソコンユーザーで,Macintosh IIciからのMacユーザー。嫌いな言葉は「IEで見ると表示が崩れてるよ」。

デイリーWebテクの購読やバックナンバーについては,以下の紹介サイトをご覧ください。

デイリーWebテク - Webテク関連の話題を毎日配信 -
URLhttp://www.rgs680.com/dwt/

コメント

コメントの記入