週刊Webテク通信

2020年5月第4週号 1位は,古いCSSの問題に対する現代的なCSS解決策まとめ,気になるネタは,Housepartyは一緒にイベントを楽しむサービスでビデオチャットを超える

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ネットで見かけたWebテク(Webテクニック・Webテクノロジー)記事から,Webデザイナーの目で厳選したネタを週刊で紹介するこのコーナー。今回は,2020年5月11日~5月17日の間に見つけた記事のベスト5です。

1. Modern CSS Solutionshttps://moderncss.dev/

フロントエンド開発者が解決してきた,古いCSSの問題に対する現代的な解決策を検証するシリーズ記事です。

現在のところ以下の11記事が公開されています。

  1. フッターを1番下に保つ
  2. 要素を同じ高さにする
  3. CSSのみで全幅レスポンス画像
  4. CSSだけの「先頭に戻る」スムーズスクロール
  5. 完全カスタムのリストスタイル
  6. アニメーション画像ギャラリー
  7. CSSのみのドロップダウンナビゲーションメニュー
  8. 12列グリッドを置き換えるソリューション
  9. CSSボタンのスタイリングガイド
  10. アイコンボタンのCSSスタイリングガイド
  11. CSSによるセンタリング完全ガイド

図1 古いCSSの問題に対する現代的なCSS解決策まとめ

図1 古いCSSの問題に対する現代的なCSS解決策まとめ

2. Resources to help remote designers | Marvel Blog - Marvel Bloghttps://marvel7077.wpengine.com/resources-for-remote-designers/

リモートワークのデザイナーを支援する情報源をまとめた記事です。

以下の5つのカテゴリに分けて紹介しています。

  1. オンラインコミュニティ
  2. メンタルヘルスとウェルビーイング
  3. ツール
  4. エンターテインメント
  5. 学習する

図2 リモートワークのデザイナーを支援する情報源のまとめ

図2 リモートワークのデザイナーを支援する情報源のまとめ

3. Best Remote Working Tools for Marketing Teams | JUST™ Creativehttps://justcreative.com/2020/05/13/best-remote-working-tools-for-marketing-teams/

マーケティングチームのためのリモートワーキングのツールを紹介しています。

  1. オールインワンソフトウェア
  2. コンテンツレビューと校正用ソフトウェア
  3. インスタートメッセージとチャットソフトウェア

図3 リモートワーキングのツールいろいろ

図3 リモートワーキングのツールいろいろ

4. 20 Unmissable Websites, May 2020 | Webdesigner Depothttps://www.webdesignerdepot.com/2020/05/20-unmissable-websites-may-2020/

最新の見逃せないウェブサイトをまとめた記事です。

エキサイティングなポートフォリオサイト,日本の健康と美容製品のサイト,技術に対する新しい取り組みをしたサイトなどを紹介しています。

図4 最新の見逃せないウェブサイトまとめ

図4 最新の見逃せないウェブサイトまとめ

5. 10 Interesting JavaScript and CSS Libraries for May 2020 - Tutorialzinehttps://tutorialzine.com/2020/05/10-interesting-javascript-and-css-libraries-for-may-2020

興味深いJavaScriptとCSSライブラリをまとめています。

オープンソースのサイト解析,HTMLに追加のマークアップが不要のCSSフレームワーク,マインドマップを生成するJavaScriptなどが掲載されていました。

図5 JavaScriptとCSSライブラリいろいろ

図5 JavaScriptとCSSライブラリいろいろ

そのほか,最近の記事の中から,気になるニュース記事を紹介します。

先週の気になるWebサービス

Screen Recorder | Free, Private, No Adshttps://screenrecorderapp.com/

ブラウザ上で使える,画面の動きを動画で撮影するサービスです。いわゆるスクリーンカムというものですね。

スクリーン全体や,ブラウザ以外のアプリケーションのウインドウも録画できます。ビデオ会議のツールでの画面共有と同様に撮影するウィンドウを選びます。音も同時に録ることができます。

無料でサインアップも不要で特に制限もありません。動画はwebM形式で保存されます。データはサーバーにアップロードはされないので,セキュリティ的にも安心して使えます。

図6 画面の動きを動画で撮影するサービス

図6 画面の動きを動画で撮影するサービス

今週の気になるWebネタ

Housepartyは一緒にイベントを楽しむサービスでビデオチャットを超えるhttps://jp.techcrunch.com/2020/05/14/2020-05-13-houseparty-expands-beyond-video-chat-with-co-watching-of-live-events/

海外では若者に人気というビデオチャットアプリのHousepartyが,友達とライブイベントを一緒に見ながらビデオチャットする新機能をスタートしました。歌手や俳優など40人以上が出演するライブイベントを3日間行ったそうです。

友達と一緒に動画を見るアプリ/サービスは,SquadScenerなどがあり,今後も増えそうです。Facebookには動画ウォッチパーティという機能があり,LINEも最近YouTube動画を見ながらグループ通話できる機能が追加されました。

YouTubeやNetflixを見ながらビデオチャットするそれらのアプリ/サービスと違い,Housepartyは決まった時間に開催されるライブイベントを提供しているところが特徴です。時間が決まっているライブの方が,集まるきっかけを作りやすくていいんですね。

著者プロフィール

芦之由(あしのよし)

Webデザインやサイト制作に役立つブログ記事やニュースをほぼデイリーでお届けするメルマガ「デイリーWebテク」発行人。フリーのWebデザイナー兼イラストレーター&ライター。シャープMZ-80Bからのパソコンユーザーで,Macintosh IIciからのMacユーザー。嫌いな言葉は「IEで見ると表示が崩れてるよ」。

デイリーWebテクの購読やバックナンバーについては,以下の紹介サイトをご覧ください。

デイリーWebテク - Webテク関連の話題を毎日配信 -
URLhttp://www.rgs680.com/dwt/