週刊Webテク通信

2021年12月第1週号 1位は,WebデザインとUIのトレンドまとめ,気になるネタは,動画プラットフォーム「LINE VOOM」,Androidで提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ネットで見かけたWebテク(Webテクニック・Webテクノロジー)記事から,Webデザイナーの目で厳選したネタを週刊で紹介するこのコーナー。今回は,2021年11月15日~28日の間に見つけた記事のベスト5です。

1. Top Web Design and UI Trends for 2022 - Designmodohttps://designmodo.com/web-design-trends-2022/

WebデザインとUIのトレンドをまとめた記事です。

  • 楽しく楽観的なデザイン
  • 黒と白の配色
  • 大胆で実験的なタイポグラフィ
  • 特大のポインター
  • 立体的なデザイン要素
  • ほとんどブルータリズム
  • スクロールするテキスト要素
  • グラスモーフィズム
  • さらに多くのグラデーション
  • 画像のないホームページ
  • レイヤー効果
  • 画面分割の美学
  • インタラクティブなタイプフェイス
  • メガフッター
  • インクルーシブ(包括的な/多様性を尊重した)デザイン
  • 斬新なイメージ

図1 WebデザインとUIのトレンドまとめ

図1 WebデザインとUIのトレンドまとめ

2. UI & UX Micro-Tips: Volume Tenhttps://www.marcandrew.me/ui-ux-micro-tips-volume-ten/

UI/UXに関するちょっとしたテクニックをまとめたシリーズの第10弾です。

  • 近接性はデザインの重要な原則なので上手に使う
  • UIの要素は常に互いに区別できるようにする
  • 見出しと本文の両方に最適なサンセリフフォント
  • 見出しと本文の両方に最適なセリフフォント
  • 優れたフォントの組み合わせはスーパーファミリーを使う
  • 影はほんのわずかだけ使う

図2 UI&UXに関するちょっとしたテクニック

図2 UI&UXに関するちょっとしたテクニック

3. Our favourite design systems and what makes them good | Wippyhttps://usewippy.com/blog/our-favourite-design-systems

有名な会社などが公開しているデザインシステムの中で,おすすめなものを紹介した記事です。また,どこが良いかも解説しています。

英国政府,IBM,Audi,Adobeなどのデザインシステムを取り上げていました。

図3 おすすめのデザインシステムとその良い点

図3 おすすめのデザインシステムとその良い点

4. Trying no-code tools as a designer | by Megan Ng | Nov, 2021 | UX Collectivehttps://uxdesign.cc/trying-no-code-tools-as-a-designer-116c991eb683

デザイナーがノーコードツールを試してみて,良かった点,問題点,学ぶためのヒントなどを解説しています。

WebデザインのためのWebflow,WebアプリのためのBubble,モバイルアプリのためのAdaloなど,ノーコードツールの未来は明るいと感じているとのことでした。

図4 デザイナーがノーコードツールを試してみた結果

図4 デザイナーがノーコードツールを試してみた結果

5. Swiffy Slider - Responsive and Mobile Touch Carouselhttps://swiffyslider.com/

Swiffy Sliderは,簡単に使える軽量なスライダー/カルーセルです。ブラウザの機能を最大限に利用することで,JavaScriptを極力使っていません。JavaScriptなしのシンプルモードでも動作します。

また,タッチ,マウス,キーボード,トラックパッドなど,あらゆる入力デバイスをサポートしているので,安心して使えそうです。

図5 簡単に使える軽量なスライダー/カルーセル

図5 簡単に使える軽量なスライダー/カルーセル

そのほか,最近の記事の中から,気になるニュース記事を紹介します。

先週の気になるツール/サービス

Grapevine | 3D virtual worldshttps://thegrapevine.tech/

Grapevineは3Dのバーチャル空間でチャットや共同作業が行えるサービスです。⁠あつまれ どうぶつの森」⁠海外でも「Animal Crossing」のタイトルで人気)のようなかわいいビジュアルですが,ターゲットはビジネスユーザーでバーチャルオフィス用途を想定しています。

空間オーディオを使って,近くの人とだけ話ができます。ボイスチャットだけでなくビデオ会議も可能で,付箋やホワイトボード機能もあります。

無料版では5人まで参加できてスペースのカスタマイズはできません。有料プランはメンバー1人あたり5ポンドなので,不特定多数が参加するイベント的な使い方は難しそうです。VRゴーグルを使った仮想空間での会議より,Grapevineのアプローチの方が普及しそうな予感はします。

図6 3Dのバーチャル空間にバーチャルオフィスを作れるサービス

図6 3Dのバーチャル空間にバーチャルオフィスを作れるサービス

今週の気になるWebネタ

動画プラットフォーム「LINE VOOM」,Androidで提供開始--「タイムライン」を一新 - CNET Japanhttps://japan.cnet.com/article/35179952/

LINEのタイムラインがLINE VOOMというショート動画中心のサービスに変わりました。友だちではなく,フォローで繋がる仕組みになります。まずはAndroid版から提供開始しました。

TikTokやInstagramに対抗して,ユーザーの滞在時間を増やしたいということですね。しかし,今まで慣れたタイムラインがLINE VOOMに変更されたことで,不満の声も多いようです。

仕様変更や新機能はスタート時には不評なことが多いので,浸透してきてからが勝負だと思います。なお,iOS版はまだですが,ブラウザから使うことができます。

著者プロフィール

アシカガコウジ

フリーのWebデザイナー&ライター。ポッドキャスト「アシカガCAST」でデジタル活用のヒントを発信中。シャープMZ-80Bからのパソコンユーザーで,Macintosh IIciからのMacユーザーでApple好き。Webテク情報やツール(ソフトウェア)の案内,デジタル活用情報をまとめた「アシカガノオト」をNotionで公開しています。

http://bit.ly/ashikaganote