新春特別企画

2021年のWebアクセシビリティ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

あけましておめでとうございます。株式会社ミツエーリンクスの中村直樹です。昨年に引き続き,2021年のWebアクセシビリティの短期的な予測をしてみます。

Web Content Accessibility Guidelines(WCAG)2.2

いよいよ今年はWCAG 2.2がW3C Recommendation(勧告)になる年となります。WCAGを策定しているAccessibility Guidelines Working Group(AG WG)による昨年9月時点でのProject Planの情報によると,勧告までのマイルストーンは次のようになります。

ステータス目標
Candidate Recommendation(勧告候補)2021年2月
Proposed Recommendation(勧告案)2021年4月
Recommendation(勧告)2021年6月

執筆時点では,昨年8月11日付けのWorking Draft(作業草案)が最新の文書となります。WCAG 2.1から9つの新しい達成基準(Success Criteria; SC)が追加されており,具体的には下記に記載しているとおりです。

レベルA
レベルAA
レベルAAA

WCAG 2.1では全部で17の達成基準がWCAG 2.0から追加されたことと比較すると,WCAG 2.2は数の上で比較的小規模なアップデートと言えます。なお,達成基準の数はこれ以上増えないことがW3C Blogの記事で明言されています。ただし,勧告となるまでにレベルの調整等はあるかもしれません。

なお,WCAG 2.2で新規に追加される達成基準とは別に,WCAG 2.1でレベルAAであるSC 2.4.7 Focus VisibleがWCAG 2.2ではレベルAに変更される見込みです。

デジュールスタンダードとしてのWCAG

2008年にW3C勧告となったWCAG 2.0は,2012年にISO/IEC 40500としてそのままISOとして発行されました。これを受けて我が国ではJIS X 8341-3:2016が国際一致規格として発行されたという経緯があります。

JISは原則として5年ごとに見直しが行われることになっています。ですので,2016年に改正が行われたJIS X 8341-3は,2021年がちょうど見直しの年に当たります。一方でJISの原則として,ISOと同一の規格があればそれに一致させるというものがあります。これはつまり,ISOが改正されればJISも改正されることになります。

ISOに関する動向については,AG WGの2020年4月14日の議事録で一度言及されています。この議事録によると,WCAG 2.2をISO化する可能性があることが読み取れます。WCAG 2.2が勧告になった後に,ISO化への動きが活発になると予測されます。WCAGに関してISO化の鍵を握っているのが事実上W3Cであることを鑑みると,JISの改正はW3Cの動向次第ということになります。

仮にWCAG 2.2がISOになるとしてどの程度の時間がかかるのかについては,WCAG 2.0がISO/IEC 40500となったときというのがある程度参考になると思われます。WCAG 2.0がISO/IEC 40500になった2012年10月のプレスリリースでは,WCAG 2.0を2011年10月にISO(正確にはISO/IEC JTC 1)に提出したことが記されています。なお,2010年11月にPAS Submitter(ある種のファストトラック制度の資格)に承認されており,この制度を利用したことも記されています。結局のところ,ISOのプロセスとしては1年は掛かったことになります。これらを踏まえますと,仮に今年の6月にWCAG 2.2が勧告になったとして,今年中にISOがWCAG 2.2となっているというスケジュールは可能性としてかなり低いと言えるでしょう。

ところで,欧州の動向についても触れたいと思います。我が国はJISがISOと一致させるという原則を堅持している一方で,欧州連合(EU)はWCAG 2.1を採用していることで知られていますW3C Blogの該当記事も参照⁠⁠。これは端的に言ってしまえば,EUがW3C勧告をそのまま仕様・参照できる仕組みが整えられていることによりますEU Multi Stakeholders Platform for ICT (MSP)も参照⁠⁠。

言い換えると,ISO/IEC 40500が更新されるよりも早く,EUがWCAG 2.1に代わってWCAG 2.2を採用する可能性があることになります。ISOの動向とは別にEUの動向についても抑えておく必要はあるでしょう。

著者プロフィール

中村直樹(なかむらなおき)

株式会社ミツエーリンクス 第六事業部アクセシビリティ部所属。ウェブアクセシビリティ基盤委員会 作業部会4(翻訳)の2016年立ち上げ当初より作業協力者として参加。現在は委員として活動。