新春特別企画

2021年のWebアクセシビリティ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

W3C Accessibility Guidelines(WCAG)3.0

長らくW3Cで,WCAG 2シリーズ(以下、単にWCAG 2)の次世代のガイドラインとして開発が続けられてきたSilverと呼ばれるガイドラインについて,W3C Accessibility Guidelines(WCAG)3.0という名称で今年の早い時期にFirst Public Working Draft(初回公開作業草案)が公開される見込みです。省略形は同じWCAGですが、Web ContentからW3Cに変更されているのが興味深いところではあります。前出のProject Planによれば,2023年11月に勧告とする予定とありますが,勧告に至るまでにより多くの時間がかかると予想されます。

執筆時点では,WCAG 3.0はEditor⁠s Draftが存在するのみであり,仕様策定のステージとして初期の段階にあります。したがって,ここでは内容についてごく簡単に触れるに留めます。主な注目点としては次のようになります。

  • WCAG 3.0はWCAG 2の後続であるが,WCAG 2を廃止するものではない
  • WCAG 3.0の最低レベルは,WCAG 2のレベルAAと似通ったものになる
  • 文章として難解だったWCAG 2と異なり,相当平易な文章になっている
  • コントラスト比として,APCAと呼ばれる考え方が導入される見込み
    • Chrome Canaryで実験的機能として既に実装されている関連ツイート

繰り返しになりますが,WCAG 3.0は初期段階にあります。策定が今後進んでいく中で,内容が大きく変化する可能性があることに十分留意する必要がありますが,中期的なWebアクセシビリティの動向としてWCAG 3.0の策定状況を見守りたいところです。

WAI-ARIA 1.2

Candidate Recommendation(勧告候補)として昨年内に更新されると思われていたWAI-ARIA 1.2ですが,W3C内の手続き上の問題もあり,執筆時点では更新されるに至っていません。それでも,今年の比較的早い段階で公開されるのではないかと予想しています。

WAI-ARIA関連の実装の動きとしては,ARIA annotationsと呼ばれる,注釈に関するものについて実装がされています(参考:Chrome Platform Status⁠。実際にどのようなものであるかについては,codepenのコード例を参照するのが早いでしょう。

リモート会議とアクセシビリティ

ご承知のとおり,COVID-19により生活や仕事のあり方が大きく様変わりしました。例えば会議にしても,出席者が一同に会議室に集まるのではなく,リモートで行うことが多くなったことかと思います。W3CではAccessibility of Remote Meetingsとして,リモート会議の環境についてWCAGが適用可能であることを謳う一方で,新しいガイダンスや技術のサポートが必要なギャップについて調査を行っています。

リモート会議の環境のアクセシビリティについて具体的には,会議のクライアントソフトウェア,会議の参加者に共有ないし表示される文書やプレゼンテーション資料,そして会議中のライブの音声や映像通信といったものが挙げられています。

個人的に会議のクライアントソフトウェアのアクセシビリティの対応度合いについて気になったこともあり,著名なサービスについて簡単に調べてみました。すると,米国で用いられているVPATと呼ばれるフォーマットでまとめられていることがわかりました。米国では情報アクセシビリティに対応している機器やサービスの調達を連邦政府に義務付けています。VPATは,各企業は自社のサービス等がアクセシビリティ基準にどのように対応しているか自己申告をする仕組みです。今回調べたサービスとVPATのページは次のとおりです。なおZoomに関しては,一部例外はあるものの,アクセシビリティのページでWCAG 2.1に準拠していることを明確に表明していることが印象的でした。

米国の制度ではVPATが存在する一方で,我が国では,日本版VPATについての議論がようやく始まったところです(参考:令和元年度 当事者参加型技術開発の仕組み及びICT機器・サービスの情報アクセシビリティの確保に関する調査研究 報告書⁠。VPATはハードウェアやソフトウェアも包括するものではありますが,我が国でのVPATがWebアクセシビリティに与える影響というところも見逃せないものであると筆者は考えています。前述のJIS改正とあわせて,我が国の制度としてどのように他国の制度とバランスの取れた体制を整えていくのかを見据える1年になりそうです。

著者プロフィール

中村直樹(なかむらなおき)

株式会社ミツエーリンクス 第六事業部アクセシビリティ部所属。ウェブアクセシビリティ基盤委員会 作業部会4(翻訳)の2016年立ち上げ当初より作業協力者として参加。現在は委員として活動。