Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

第9回 マウスイベントを扱う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 10 分

ロールオーバーとロールアウトでオブジェクトの大きさを変える

つぎに扱うマウスイベントは,ロールオーバーとロールアウトだ。ポインタの重なったオブジェクトは大きくして,マウスインタラクションを示したい。ロールオーバーとロールアウトは,それぞれ定数MouseEvent.MOUSE_OVERMouseEvent.MOUSE_OUTのイベントにリスナー関数を加えて扱う表1⁠。

オブジェクト.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_OVER, リスナー関数)
オブジェクト.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_OUT, リスナー関数)

表1 マウス操作を扱うMouseEventクラスのイベント

マウス操作イベント
クリックMouseEvent.CLICK
ロールオーバーMouseEvent.MOUSE_OVER
ロールアウトMouseEvent.MOUSE_OUT

立方体のオブジェクトそれぞれに3つのイベントリスナーを加えるので,そのための関数(setMouseListener())を別に定めることにしよう。引数は立体のオブジェクトに続けて,つぎのように3つのマウスイベントのリスナー関数を渡す。

setMouseListener(オブジェクト, ロールオーバー, ロールアウト, クリック)

オブジェクトにマウスポインタがロールオーバーしたら大きさを5割増し,ロールアウトでもとに戻るようにしたい。すると,前掲コード1をつぎのように書き替えればよさそうに思うかもしれない。しかし,これでは望む動きにはならない。

function createCube(width, height, depth, light) {

  // cube.addEventListener(MouseEvent.CLICK, onClick);
  setMouseListener(cube, onMouseOver, onMouseOut, onClick);

}

function setMouseListener(mesh, over, out, click) {
  mesh.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_OVER, over);
  mesh.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_OUT, out);
  mesh.addEventListener(MouseEvent.CLICK, click);
}
function onMouseOver(eventObject) {
  var mesh = eventObject.object;
  setScale(mesh, 1.5);
}
function onMouseOut(eventObject) {
  var mesh = eventObject.object;
  setScale(mesh, 1);
}

function setScale(mesh, scale) {
  mesh.transform.scale = new Vector3D(scale, scale, scale);
}

オブジェクトの大きさを定める関数(setScale())は,DisplayObject.transformプロパティから参照したTransformオブジェクトのTransform.scaleプロパティを操作している。このとき,定める大きさの比率(scale)は,複製もとにした真ん中の立体が1となる。つまり,1を与えれば真ん中の立体と同じ大きさになり,1.5はさらにその5割増しだ。

ランダムに定めたそれぞれのオブジェクトの大きさをもとにしようとするなら,その比率を覚えておかなければならない。そこで,オブジェクトの大きさは,つぎのようにふたつの関数に分けて扱うことにする。ひとつはオブジェクトに与えた大きさの比率をプロパティ(scale)に定める関数(setScale())だ。そして,さらにそこから呼び出すもうひとつの関数(changeScale())が,そのプロパティ値にもとづいて,オブジェクトの大きさを引数の比率に変える。

function cloneMesh(mesh, urls) {

  setScale(clone, scale);

}

function onMouseOver(eventObject) {

  changeScale(mesh, 1.5);
}
function onMouseOut(eventObject) {

  changeScale(mesh, 1);
}

function setScale(mesh, scale) {
  // mesh.transform.scale = new Vector3D(scale, scale, scale);
  mesh.scale = scale;
  changeScale(mesh, 1);
}
function changeScale(mesh, scale) {
  var _scale = mesh.scale * scale;
  mesh.transform.scale = new Vector3D(_scale, _scale, _scale);
}

これでランダムな大きさでちりばめた立方体のオブジェクトが,ロールオーバーすると大きくなり,ロールアウトでもとに戻る図2⁠。マウスインタラクションが示されるため,クリックへと導きやすくなった。

図2 マウスポインタがロールオーバーすると立方体は大きくなる

図2 マウスポインタがロールオーバーすると立方体は大きくなる 図2 マウスポインタがロールオーバーすると立方体は大きくなる

これでできたと思いきや,しばらく試していると気になるふるまいがある。マウスポインタを動かさずに,オブジェクトの方から重なってきたときには,大きさが変わらない。また,マウスをロールオーバーさせてオブジェクトが大きくなっても,ポインタをそのまま動かさずにオブジェクト側が外れると,大きさは戻らない。つまり,マウスを動かさないと,ロールオーバーやロールアウトのイベントが起こらないということだ。

これは,おそらくマウスポインタとオブジェクトとの重なりを調べる手間は,なるべく減らそうとしたことによる仕様だ。もし,オブジェクトは動かないコンテンツだったら,その方が負荷は軽い。だが,今回のお題はそれでは困る。その場合は,マウスが動かなくても重なりを調べさせるプロパティView.forceMouseMoveを,つぎのようにtrueに定めればよい。

function createView(width, height, backgroundColor) {

  var view = new View(defaultRenderer);

  view.forceMouseMove = true;

}

これで,クリックおよびロールオーバーとロールアウトのマウスインタラクションが加わった。ここまでのJavaScriptはコード2にまとめた。また,サンプル2をjsdo.itに掲げてある。次回はこのお題の締めとして,回り込むカメラもマウスの動きに合わせたい。

コード2 ロールオーバーしたオブジェクトの大きさが変わる

var LoaderEvent = require("awayjs-core/lib/events/LoaderEvent");
var Vector3D = require("awayjs-core/lib/geom/Vector3D");
var Matrix3D = require("awayjs-core/lib/geom/Matrix3D");
var AssetLibrary = require("awayjs-core/lib/library/AssetLibrary");
var URLRequest = require("awayjs-core/lib/net/URLRequest");
var RequestAnimationFrame = require("awayjs-core/lib/utils/RequestAnimationFrame");
var View = require("awayjs-display/lib/containers/View");
var DirectionalLight = require("awayjs-display/lib/entities/DirectionalLight");
var MouseEvent = require("awayjs-display/lib/events/MouseEvent");  //
var StaticLightPicker = require("awayjs-display/lib/materials/lightpickers/StaticLightPicker");
var PrimitiveCubePrefab = require("awayjs-display/lib/prefabs/PrimitiveCubePrefab");
var DefaultRenderer = require("awayjs-renderergl/lib/DefaultRenderer");
var TriangleMethodMaterial = require("awayjs-methodmaterials/lib/TriangleMethodMaterial");
var view;
var cube;
var imageDiffuse = "assets/trinket_diffuse.jpg";
var timer;
var ORIGIN = new Vector3D();
var angle = -Math.PI / 2;
var distance = 1500;
var stageWidth = 240;
var stageHeight = 180;
var urls = [
  "http://gihyo.jp/design/serial/01/away3d-typescript",
  "http://gihyo.jp/design/serial/01/createjs",
  "http://typescript.away3d.com",
  "https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript",
  "http://createjs.com/#!/Home"
];
function initialize() {
  var directionalLight = createDirectionalLight(0.5, 0xFFFFFF);
  view = createView(stageWidth, stageHeight, 0x0);
  cube = createCube(400, 400, 400, directionalLight);
  setCamera(view.camera, distance, angle);
  cube.url = "http://fumiononaka.com";
  view.scene.addChild(cube);
  cloneMesh(cube, urls);
  AssetLibrary.addEventListener(LoaderEvent.RESOURCE_COMPLETE, onResourceComplete);
  AssetLibrary.load(new URLRequest(imageDiffuse));
  timer = new RequestAnimationFrame(rotate);
  timer.start();
  view.render();
}
function createView(width, height, backgroundColor) {
  var defaultRenderer = new DefaultRenderer();
  var view = new View(defaultRenderer);
  view.width = width;
  view.height = height;
  view.backgroundColor = backgroundColor;
  view.forceMouseMove = true;
  return view;
}
function createCube(width, height, depth, light) {
  var material = new TriangleMethodMaterial();
  var cube = new PrimitiveCubePrefab(width, height, depth, 1, 1, 1, false)
  .getNewObject();
  cube.material = material;
  setScale(cube, 1);
  setMouseListener(cube, onMouseOver, onMouseOut, onClick);
  material.lightPicker = new StaticLightPicker([light]);
  return cube;
}
function cloneMesh(mesh, urls) {
  var scene = view.scene;
  var count = urls.length;
  for (var i = 0; i < count; i++) {
    var clone = mesh.clone();
    var distance = getRandom(500, 1200);
    var scale = getRandom(0.3, 0.5);
    var rotationX = getRandom(-60, 60);
    var rotationY = getRandom(-180, 180);
    var position = getPolarPosition(distance, rotationX, rotationY);
    clone.x = position.x;
    clone.y = position.y;
    clone.z = position.z;
    clone.url = urls[i];
    setScale(clone, scale);
    clone.rotationY = rotationY;
    setMouseListener(clone, onMouseOver, onMouseOut, onClick);
    scene.addChild(clone);
  }
}
function setMouseListener(mesh, over, out, click) {
  mesh.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_OVER, over);
  mesh.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_OUT, out);
  mesh.addEventListener(MouseEvent.CLICK, click);
}
function onMouseOver(eventObject) {
  var mesh = eventObject.object;
  changeScale(mesh, 1.5);
}
function onMouseOut(eventObject) {
  var mesh = eventObject.object;
  changeScale(mesh, 1);
}
function onClick(eventObject) {
  var mesh = eventObject.object;
  window.open(mesh.url);
}
function setScale(mesh, scale) {
  mesh.scale = scale;
  changeScale(mesh, 1);
}
function changeScale(mesh, scale) {
  var _scale = mesh.scale * scale;
  mesh.transform.scale = new Vector3D(_scale, _scale, _scale);
}
function createDirectionalLight(ambient, color) {
  var light = new DirectionalLight();
  light.ambient = ambient;
  light.color = color;
  return light;
}
function onResourceComplete(eventObject) {
  var assets = eventObject.assets;
  var material = cube.material;
  material.texture = assets[0];
  view.render();
}
function rotate(timeStamp) {
  var camera = view.camera;
  angle += timeStamp / 2000;
  setCamera(camera, distance, angle);
  view.render();
}
function setCamera(camera, distance, angle) {
  camera.x = Math.cos(angle) * distance;
  camera.z = Math.sin(angle) * distance;
  camera.lookAt(ORIGIN);
}
function getRandom(min, max) {
  var random = Math.random() * (max - min) + min;
  return random;
}
function getPolarPosition(distance, rotationX, rotationY) {
  var vector = new Vector3D(distance, 0, 0);
  var matrix = new Matrix3D();
  matrix.appendRotation(rotationY, Vector3D.Y_AXIS);
  matrix.appendRotation(rotationX, Vector3D.X_AXIS);
  return matrix.transformVector(vector);
}

サンプル1 Away3D 14/11/05: Dealing with rollover, rollout and click mouse events

著者プロフィール

野中文雄(のなかふみお)

ソフトウェアトレーナー,テクニカルライター,オーサリングエンジニア。上智大学法学部卒,慶応義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA)。独立系パソコン販売会社で,総務・人事,企画,外資系企業担当営業などに携わる。その後,マルチメディアコンテンツ制作会社に転職。ソフトウェアトレーニング,コンテンツ制作などの業務を担当する。2001年11月に独立。Web制作者に向けた情報発信プロジェクトF-siteにも参加する。株式会社ロクナナ取締役(非常勤)。

URLhttp://www.FumioNonaka.com/

著書