ネットだから気をつけたい! 著作権の基礎知識

第4回 盗作しても著作権侵害にはならない?-「アイデア」と「表現」の分かれ目

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

「表現/アイデア二分論」だけでは解決できないもの

さて,ここまで説明してきた「表現」「アイデア」の区別,そしてそこからもたらされる「著作権法による保護の限界」を皆さんはどのように受け止められたでしょうか?

他人の「著作物」に依拠していることが明らかな「盗作」であっても,著作権法上は何ら制裁を加えることができないなんてケシカラン!という意見もあるでしょうし,風刺,パロディといった,全く異なるコンセプトで他人の「著作物」を利用した場合ですら著作権侵害になってしまうのに前回説明したとおり,現在の「引用」ルールの下では,このような利用方法を適法とするのは難しいのが現実です)⁠他人の「著作物」「アイデア」を真似た人が著作権侵害の責任を免れる,という結論には違和感を抱く方も多いことでしょう。

このあたりは,私たちが日頃「著作権」というものに対して抱いているイメージ(創作活動全般を保護するもの,というイメージ)と,本来の著作権法制度の趣旨(⁠表現」を保護するにとどまる)のギャップに起因する問題であるようにも思えます。

このようなギャップを「皆が著作権法をきちんと理解していないのがいけない」と簡単に片付けてしまうのは危険です。

例えば,

(5)
近年業績が低迷しているC社では,ライバル企業のシェアを奪うため,社運を賭けて新製品を開発し,まもなく販売を開始する予定である。C社では,販売開始に先立って,大々的にCMを打つことを計画しているが,その企画会議の中で,⁠消費者に短期間で強烈なインパクトを与えるため,評判のいいライバル企業のCMのコンセプトをあえて真似たものを制作してはどうか?」という提案が出てきた。C社の担当者が企画書を元に弁護士に相談したところ,⁠具体的な表現が異なっているから著作権侵害にはならないだろう」という見解をもらうことができた。

といった事例(例えて言えば,ソフトバンクのライバル会社が,⁠ネコと白人女性と人気タレントを組み合わせた家族」を主人公にした⁠家族割引サービス⁠のCMを打つようなものです(笑)⁠を想定してみてください。

弁護士が言っているのですから,著作権侵害の問題は恐らく生じないのでしょう。しかし,ここで気をつけなければならないのは,

著作権法が表現活動に対する唯一の規律,というわけではない。

ということです。

意図的な「パクリCM」を見て,思わずニヤっとしてしまう人もいるかもしれませんが,CMを見た消費者の中には,⁠何だあのCMは?」⁠盗作じゃねーか?」と不快感を抱く人も少なからず出てくることでしょう。そして,ひとたび「盗作」というネガティブイメージが植えつけられると,たとえ法的には間違ったことをしていなくても,それを払拭するのはなかなか難しいのが現実です。

それゆえ,もし本当に社内からこんな相談が来たら,法務・知財部署の人間であれば,⁠余裕があるときの実験的な試み⁠であればともかく,⁠社運を賭けた⁠新製品の宣伝に使うにはちょっと冒険的に過ぎないか,と企画を止める方向に動いてしまうことでしょう。

また,⁠論文作法」のように,業界内の⁠暗黙のルール⁠によって,他人のアイデアやコンセプトの模倣がNGとされることもあります。いくら法廷で勝てても,同業者にそっぽを向かれてしまえばその後の創作活動に支障が出るのは否めないのであって,いくら著作権法上はセーフであったとしても,そういったルールを侵すような行為は勧められません。

「インスパイア」などと気取ってみても,一歩間違えればただの⁠パクリ”。

個人のブログから企業の宣伝まで,何らかの創作,何らかの表現を行うにあたっては,先人が生み出した成果に常に敬意を払うとともに,⁠自分のオリジナリティをとことん追求する」という気概をもって臨まなければならない,というのが一連の「盗作騒動」から得られる教訓なのではないかと思います。

以上,自戒を込めて。

著者プロフィール

企業法務戦士F-JEY(きぎょうほうむせんし・えふじぇい)

199×年,都内某企業入社。以来,法務部署で禄を食む日々を送る。ここ数年はもっぱら知的財産絡みの仕事に従事。最近,周りから「そろそろ飽きただろう」と言われることも多いが,技術もビジネススキームも日々進化するこの世界,当分お腹いっぱいにはなりそうもない。

2005年以降,ブログ「企業法務戦士の雑感」をささやかに更新中。