Flash画面遷移フレームワーク「Progression 4」公式ガイド

第7回 コンポーネントスタイル(1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

外部リンク

Webページに不可欠な外部リンクボタンを設置していきましょう。⁠index.fla」のライブラリ内に「ProgressionButton」シンボルを作成してください。⁠ProgressionButton」を選択し,[assets]→[home]内の「progressionButton.gr」を貼り付けます。

図36 ⁠ProgressionButton」の設定

図36 「ProgressionButton」の設定

次にタイムライン上に「component」レイヤーを挿入します。⁠component」レイヤーの1フレーム目に「コンポーネント」から「AnchorButton」コンポーネントを設置します。⁠AnchorButton」コンポーネントは外部リンクを実現するためのコンポーネントです。

図37 ⁠AnchorButton」コンポーネントの設置

図37 「AnchorButton」コンポーネントの設置

「AnchorButton」コンポーネントを選択したままコンポーネントインスペクタを開いてください。⁠href」と書かれているところがあります。ここに設定した値が遷移先になるのですが,ここには直接URLを記述することが可能です。今回はProgressionの公式サイトであるhttp://progression.jp/を設定しておきましょう。

図38 ⁠ProgressionButton」の設定

図38 「ProgressionButton」の設定

設定が完了したら,ボタンを設置しましょう。メインのタイムライン上の「stage」レイヤーの1フレーム目を選択し,ステージに設置します。座標は[x:10 , y:446]です。

設定が完了したら,ムービーを書き出して確認してみましょう。

図39 実行確認

図39 実行確認

「ProgressionButton」を押すと,指定したURLのwebページに遷移するのが確認できます。

まとめ

今回はここまでで終了です。⁠トップ」ページと「サイトについての説明」ページを作成しました。今回制作中に使用したコンポーネントは「RollOverButton」⁠InOutMovie」⁠AnchorButton」コンポーネントです。次回も基本的には同じようなコンポーネントを使用する予定です。

なお,今回のソースはここからダウンロードできます。

著者プロフィール

青木健至(あおきたけし)

株式会社CLOQUE. 所属。Flash歴半年。Progression歴半年。Progression無しでのFlash制作は不可。2009年にFlashの技術を会得するために上京し,Progressionプロダクトマネージャーの阿部氏に師事。日々精進中。

http://twitter.com/ichikaku1
URL株式会社CLOQUE