サルでき流 WordPressではじめる企業サイトの作り方

第23回 チームで更新するための準備。ユーザーを登録しよう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

権限グループによる「できること」の違い

では,前の章で飛ばした権限グループについてのお話をしましょう。今までずーっと見てきた,WordPressの管理画面にあるサイドバーには,基本的に「全ての機能」がメニューとして表示されています。1つの投稿記事を編集するためのメニューもあれば,Webサイトの全てに影響を与えるような設定のメニューも,同じようにありますね。

これら全てのメニューに,全ユーザーがアクセスできるようになっていた場合,想像するのも恐ろしいですが,こんなことが起こったりします。

  • A「あれ?なんか投稿記事のURLおかしくない?」
  • B「っていうか,なんだかリンクが大量につながらなくなってるんだけど」
  • A「ちょっと待った!パーマリンク設定がデフォルトに戻ってる!」
  • B「ええっ!?なんで設定が変わってるの!?」
  • A「ぶ,部長っ!ウチの会社のWebサイト,ハッキングされたかもしれません!何者かがパーマリンク設定を変更しています!」
  • 部長「え?そのパーマクリンク設定って,変えちゃいけなかったの?」

イジってはマズイ機能は,イジれないようにするそれが権限グループの狙いです。さすがに全員が全ての機能にイジれるっていうのは,怖いですからね。

権限グループは全部で5種類あります

権限グループは全部で5種類あります

では,5種類ある権限グループの,それぞれの主な権限を見て行きましょう。

管理者

これはもうそのまんまですね。管理者ですので,全ての機能を使うことができます

今までみなさんが使ってきた権限です。システム部とか,エライ人とか。そういう方がこのグループに該当します(前述の部長のような場合は,果たして管理者にしていいのか悩みますが…⁠⁠。

いつもの見慣れたサイドバーですね。全メニューが表示されています

いつもの見慣れたサイドバーですね。全メニューが表示されています

編集者

実はここから後は,全員設定系の機能は使えません。サイドバーからも,⁠設定」メニューがキレイサッパリ無くなっています。

唯一自分の「ユーザー設定」「プロフィール」メニューからできますので,管理画面の配色変更はこちらからどうぞ。

ただし編集者は,編集者というだけあって,記事関連の機能は全て使うことができます。他の人が書いた記事を編集したり削除したり,そういうことも可能です。記事の管理者,というイメージですね。

サッパリしましたね。ユーザーメニューがプロフィールに変わっています

サッパリしましたね。ユーザーメニューがプロフィールに変わっています

投稿者

さあ,どんどん機能が制限されていきますよ。投稿者は,自分の記事のみ,書いたり消したりできる人です。

複数人で記事を書いている場合,全員の記事が一覧画面に同じように並んでいると,うっかり他の人が書いている記事を消してしまうようなケースも出てきます。

そうさせたくない場合は,みんな投稿者にしておくことで,他の人の記事に対して「操作できなくさせる」ことができます。ただし投稿者の場合,カテゴリーの追加や固定ページの追加もできなくなってしまいますので,投稿記事専用の権限になります。固定ページを頻繁に書き換えるような場合は,ユーザーの設定を考えないといけませんね。

自分が書いた記事でない場合,編集やゴミ箱のリンクは表示されません。固定ページのメニューも無くなっていますね

自分が書いた記事でない場合,編集やゴミ箱のリンクは表示されません。固定ページのメニューも無くなっていますね

寄稿者

ここまで来ると,できることのほうが少なくなります。寄稿者は,投稿者同様に,自分の記事は書いたり消したりできるけど,自分では公開ができない人です。

記事を新規投稿しようと画面を開いて,書いて,いざ公開,と思うと,そこに公開ボタンはありません。あるのは,⁠レビュー待ちとして送信」ボタンだけです。仕方なくこのボタンを押すと,記事のステータスが,⁠レビュー待ち」に変わります。

いつもとボタンが違いますね

いつもとボタンが違いますね

「レビュー待ち」という言葉が入っています

「レビュー待ち」という言葉が入っています

このレビュー待ちステータス。これは,他の人が書いた記事を修正できる,⁠管理者」「編集者」のみが編集可能な記事のステータスになっており,その人達が記事を公開するという処理が必要になります。つまり,ワークフローができるわけです。

ちなみに,いったん公開されてしまうと,寄稿者はその記事を編集することも削除することもできなくなります。役割分担と言えばそのとおりなのですが…なぜだか少し寂しい。

購読者

さて,最後に残った購読者ですが,この人はプロフィールの編集以外は何もできません。記事の投稿すらできません。⁠なんでこんな権限グループがあるの?」って,思いますよね?

サッパリしすぎていてプロフィールの編集以外何の機能もありません

サッパリしすぎていてプロフィールの編集以外何の機能もありません

例えば,WordPressでは,⁠コメントをユーザー登録している人にしか書かせない」ような設定をすることができたりします。荒らし防止のために,⁠Webサイトの会員になってくれた人のみがコメントできる⁠⁠。そんな感じで使えるわけですね。

設定→ディスカッション設定からどうぞ

設定→ディスカッション設定からどうぞ

その場合の会員さんに,記事を書ける機能があってはマズイですので,権限的には「プロフィールの編集以外何もできない購読者権限」を設定しておきます。

ちなみに,権限グループの設定変更は,ユーザー一覧画面から行うのですが,ちょっとわかりにくいので,スクリーンショットを付けておきましょう。

対象の人をチェックボックスで選んで,プルダウンで権限グループを選び,変更ボタンを押す,という流れです

対象の人をチェックボックスで選んで,プルダウンで権限グループを選び,変更ボタンを押す,という流れです

著者プロフィール

カワサキタカシ(かわさきたかし)

元アイ・ビー・エムERPコンサルタント,元アップル教育ソリューション開発者兼営業,他にも様々な経験を経て,人材育成会社『株式会社マイウェイ』を夫婦で起業。現在,同社の取締役兼なんでも担当。

「Webサイト」から「iPhoneアプリ」,「ビジネスサービス」から「会社」まで,『作ること』が好き。そして作る楽しさを誰かに『教えること』も好き。楽しく作る技術を学ぶコミュニティ,『サルでき.jp』をぐーたら管理中。

著書に『iPhoneアプリ開発塾』(技術評論社),『サルにもできるiPhone同人誌の創り方』(飛鳥新社)がある。

株式会社マイウェイ Webサイト
株式会社マイウェイ Facebook
カワサキタカシ Facebook
サルでき.jp


企業サイト作り(運用)にお困りの経営者さま・Webご担当者さま。ワタシ,『企業サイトを楽しく作る(育てる)ためのサポートサービス』もやっております。困り果てて現実逃避の小旅行に出かける前に,是非一度弊社Webサイトまでお気軽にご相談くださいませ。