独学で極める “Webデザイン”の技と心

第11回 Webデザインの仕事で活用している厳選アプリ・ツール(1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

アクセシビリティチェック

富士通アクセシビリティ・アシスタンス
ウェブサイトのアクセシビリティを診断するWebInspector(Windows/Mac⁠⁠,背景色と文字色の見やすさを判定するColorSelector(Windows/Mac⁠⁠,色覚特性に応じて見え方をシミュレート表示するColorDoctor(Windows)の3つのツールで構成されています。

バージョン管理・その他業務用ツール

Google Docs[Docs](オンラインWebアプリ)
DocsのおかげでWordを使う場面が極端に減りました。単なるワープロツールとしても十分ですが,やはりオンラインツールの魅力は,作成した文書をすぐに他の人にみてもらうことができるところです。社内のちょっとしたアイデア(思いつき)共有にも活用しています。また,ラベル(フォルダ)による分類もできるので数多くある文書の整理にも使えます。
このgihyo.jpの連載記事の草稿も,Google Docsを使って書き,編集の方にチェックしてもらうというワークフローに切り替えました。
Google Docs[Spreadsheets](オンラインWebアプリ)
Docsと同様に,Excelを使う場面が極端に減りました。Spreadsheetでサイト構成・ページ一覧表を作っておくと,制作者とクライアントとの進捗状況のやりとりが円滑にすすみます(たとえばチェックをお願いしたい項目のセルを色でぬりつぶし,完了したら色を外してもらう,などという使い方⁠⁠。
また,Spreadsheetは単なる表計算ツールの域を超え,アンケートフォームを作る機能があります。Spreadsheetで作ったフォームを自分のサイトやブログなどに貼り付けて,入力してもらった結果はSpreadsheetに蓄積される仕組みになっており,つまりアンケートデータベースとして機能させることができます。また,Docs同様に共有機能・ラベル分類もできます。
Subversion(Windows/Mac/Linux)
バージョン管理システムです。hogehoge.html.oldや080606hogehoge.htmlのように,ファイルに日付を付けられるため,"どれが古くて,どれが新しいのか"というような混乱は一切なくなります。htmlやcss・各種プログラムソースコードであれば,削除された行・追加された行の差分を見ることもできますし,もし自分以外の人が同じファイルに変更を加えた場合には,変更後の新しいバージョンを反映して作業を行うことができます。私はコマンドライン入力でコミットなどを行っていますが,こちらで紹介されているようなSubversionクライアントもあります。
初心者の視点でみると導入の敷居が高く,コマンドライン入力が難解なイメージを与えるのではないかと思いますが,導入してしまえば大変便利なものです(導入方法はここでは割愛します。ちなみに,どちらかというとデザイナーよりプログラマのほうがSubversionに詳しい方が多いようです⁠⁠。
Trac(Webアプリ)本家日本語化
Subversionとセットで使ってこそ便利さを感じることができる,優れたプロジェクト管理ツールです。導入の敷居こそ高いものの,少し使い方を覚えてしまえば,なくてはならないツールになります。Tracを利用することで,Subversionでのバージョン管理されたソースコード一式が,ブラウザ経由で閲覧できるようになります。異なるバージョン同士を比較して差分をハイライト表示することもできます。
それだけではありません。チケットと呼ばれるバグトラッキングシステムを,タスク管理ツールとして活用することで膨大なタスクに優先順位をつけ,他の人との共同作業も円滑に進めることができます。

このように,ブラウザやWebアプリだけで,あらゆることが可能になってきているのがわかります。特にオンラインツールは,インターネットにさえ繋がれば,場所やマシンにこだわることなく作業ができるところが魅力的です。

忙しいと言われる業界だからこそ,時間や場所を有効活用したいもの。便利なツールを見つけたら可能な限り試してみて,自分の目で確かめてみると,自分なりの良い仕事術が見えてくるかもしれません。

今回は主にテキスト関係・ブラウザ周辺のツールを主にご紹介しましたが,次回はグラフィックを扱うために必要なものをご紹介し,それぞれのツールの現場での活用方法などに触れたいと思います。

こちらで紹介していないもので,他により良いツールがありましたらコメントやトラックバックでお知らせください。記事の参考にさせていただきます。

著者プロフィール

山田あかね(やまだあかね;purprin)

エスカフラーチェLLC,デザイナー。名古屋出身。Web業界とまったく関係ない業種で独立して働く傍ら,Web/XHTML/CSS等技術を独学。2005年「コトノハ -○×ソーシャル」のデザインリニューアルを行ったのをきっかけに上京し転職。株式会社paperboy&co.で主にソーシャルブックマークサービス(POOKMARK Airlines)等の Webサービス開発に携わる。2007年1月,エスカフラーチェLLC の設立に参画し,デザイナーとして幅広く活躍中。

URLhttp://purpr.in/blog/