WEB DESIGN WORKSHOP「正しいウェブデザイン」

第2回 TRAFFIC ACQUISITION「トラフィックの確保」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

SMO

インターネットを利用するユーザーは多くの時間をブログやSNS,ソーシャルブックマークやソーシャルRSSリーダーなどのいわゆるソーシャルメディアに費やし,情報を常に収集,発信,共有している。これらのソーシャルメディア上で登録や掲載を行いウェブサイトの視認性を高める事をSMO(Social Media Optimization)と言う。

ソーシャルブックマークサイトへの登録

はてなブックマークやYahooブックマークなどのソーシャルブックマークサイト自体に登録を行いリンクを作ることで「信頼性の高いサイト」からのリンクとして検索エンジンに認識される。また登録の際に有効的なキーワードをタグとして登録することで,ブックマークが検索され,更なる登録を獲得することに繋がる。

ソーシャルブックマークサービスの活用

はてなブックマーク
株式会社はてなが運営する国産のソーシャルブックマークサービスのひとつ。
Yahooブックマーク
Yahoo!社が運営する国産のソーシャルブックマークサービス。
del.icio.us
2005年12月に米Yahoo!が買収したソーシャルウェブブックマークサービス。ソーシャルウェブブックマークの先駆け。
Saaf
ngi media株式会社が運営する国産のソーシャルブックマークサービス。まとめ機能が特徴。
livedoorクリップ
株式会社ライブドアが運営するソーシャルブックマークサービス。
ニフティクリップ
ニフティ株式会社が運営するソーシャルブックマークサービス。⁠ニフティクリップβ」としてサービス開始。

ソーシャルRSSリーダーへの登録

ソーシャルRSSリーダーへウェブサイトのRSSを登録することによりユーザーをサイトへ誘導し,検索エンジンに「信頼性の高いサイト」からのリンクとして認識される。はてなRSSの場合はユーザー単位でページが生成されるため,購読者数が増えれば増えるほどリンク数が増加する。

ソーシャルRSSリーダーの活用

はてなRSS
株式会社はてなが運営しているウェブの新着情報を効率的に収集するための,オンラインRSSリーダーサービス。番組表モードやポッドキャストや動画に対応している。
ウェブリリーダー
biglobeが運営しているウェブの新着情報を効率的に収集するための,オンラインRSSリーダーサービス。
Livedoor Reader
株式会社ライブドアが運営しているウェブの新着情報を効率的に収集するための,オンラインRSSリーダーサービス。キーボードショートカットやピンなどの機能がある。
feedpathRabbit
フィードパス株式会社が運営しているRSSとフォークソノミーからブログやニュースサイトなどの最新情報をまとめて読め,ブログエントリーやSNSなどに記事を引用して投稿できるサービス。

ソーシャルニュースサイトへの登録

ソーシャルニュースサイトへウェブサイトを登録することによりユーザーをサイトへ誘導し,検索エンジンに「信頼性の高いサイト」からのリンクとして認識される。

ソーシャルニュースサイトの活用

@niftyトピックイット
ニフティ株式会社が運営するソーシャルニュースサービス。投稿したトピックに対して,他ユーザー評価や意見をすることができる。
Newsing
株式会社マイネット・ジャパンが運営するソーシャルニュースサービス。ニュースの投稿・評価ができる。ランキングを表示したブログパーツもあり。
はてなブックマーク(ニュース)
はてなブックマークに投稿された記事に対してコメントやトラックバックを送ることができる。
Yahooみんなのトピックス
ヤフー株式会社が運営するソーシャルニュースサービス。
Buzzurl
株式会社ECナビが運営するソーシャルニュースサービス。

Sitemaps0.9

Googleが開発者向けに提供しているツール。サイトの更新情報やサイトの構成,ページの一覧をXMLファイルとしてクローラに知らせ,効率的にサイト内のページをインデックスさせる事ができる。YahooやMSNなどもSitemapsの企画を採用しており,SEOには欠かせないツールとなっている。

集客プランとスケジュール

これまで説明した対策の中から制作するウェブサイトに使用することができる手法はすべて採用し,最大限の集客を行うべきである。また対策により効果の大小,期間,二次的な効果の有無は様々である。長期間に渡る集客プランでは,トラフィックが落ち込んだ時期に合わせてリピートプロモーションをかける事や,定期的な対策を想定するべきだ。

上記を踏まえてウェブサイトの制作時に必要な集客プランを立ててみると良い。そこから必要なコンテンツや,機能,プロモーションに適したクリエイティブディレクションへのヒントも見えてくるはずだ。

集客に繋がるウェブサイトを制作するポイントとしては「多くのユーザー」「価値のある情報」を提供する事。集客プランとサイトの企画により上手に情報の流れをコントロールし,ユーザーに満足感を与えることによりウェブサイトへの集客が成功する。

著者プロフィール

荻野英希(おぎのひでき)

FICC inc. 代表。ファッションブランドのアートディレクターを勤め,ウェブプロデューサーとして様々なブランドや企業のウェブプロモーションを手がける。デザインポータルAnotherbookmarkの運営や雑誌連載の執筆など,幅広い活動を行っている。

URLhttp://www.ficc.jp/