サンフランシスコ/シリコンバレー 最新Webトレンドレポート

第4回 ZipCar:世界で話題のカーシェアリング

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

ZipCar社とサービス詳細

ZipCarは2000年に設立され,ボストンにてサービスを開始後,ワシントンD.C.,ニューヨークといった東海岸の都心部を中心に業務を拡大した後,サンフランシスコに2005年オフィスをオープンさせています。現在ではカナダやイギリスを含む世界67都市にてサービスを展開しています。

利用できる車種は2009年10月現在で29種類で,ホンダ,トヨタなどの日本車やBMW,Volvoといったヨーロッパの車もあります。環境に対する配慮から,プリウスやシビックハイブリッドなどの低公害車種が中心となっています。

また,年間メンバーシップ費用はプランにより,$50から$250で,入会費用は$25.レンタル費用は車種や借りる時間により,1時間$5.95から,その中にはガソリンや保険費用も含まれています。

ZipCar利用体験談

つい先日ZipCarを利用する機会がありました。日本から来た友人を連れて以前にも紹介したSfNewTechに向かう予定だったのですが,お互い車ではなかったので,ZipCarを利用することに。午後6時にサイトから30分後から3時間利用分で,徒歩5分の距離にある最寄りのZipCarパーキングにある⁠Yaris⁠のニックネームのついたトヨタ車を予約。しかし実際にパーキングに行くと車が見当りませんでした。

iPhoneアプリを利用してクラクションを鳴らそうとしても,反応がなかったので,サーポートに電話連絡をしました。待ち時間もなく,オペレーターは非常にフレンドリーに同じ駐車場にあったミニクーパーを代わりに用意してくれました。

その直後,iPhoneアプリのキーレスエントリーボタンを押すと,近くにあったクーパーのロックが解除され,ほぼ問題なく借りることができました。

全体の感想としては,急遽車が必要なときにでも,まるで自分の車のように気軽に乗ることができ,サポートもスムーズなので,ユーザエクスペリエンスのレベルは非常に高いと思います。

その裏にはネットやITを始めとしたバーチャルとリアルのインフラが高い精度で構築されており,利用する顧客にストレスなく利用してもらうための仕掛けが随所に施されているといえます。ちなみに,メンバーシップ登録にかかった時間は,オンラインサインアップから,免許のスキャンデータをメールで送信し,メンバーシップカード(ZipCard)が送られてくるまでは1週間弱でした。

なお,利用する際の費用はすべて事前にオンラインから登録してあるクレジットカードにチャージされます。

iPhoneアプリ画面:トップ

iPhoneアプリ画面:トップ

iPhoneアプリ画面:キーレスエントリー

iPhoneアプリ画面:キーレスエントリー

ZipCarの代表車種,ミニクーパー

ZipCarの代表車種,ミニクーパー

ZipCarのこれから

彼らの新たな試みとして,2009年よりサンフランシスコエリアにて,プラグイン・ハイブリット車を利用した試験的なパイロットプログラムを実施中。自動車の完全電気化に向けてのアクションの1つです。

プログラムでは,トヨタのプリウスをプラグイン・ハイブリット車にコンバート。また,市の協力により市庁舎にて充電設備を設置することで,メンバーに対しプラグインEV車のテスト走行の機会を提供しています。

今後より一層環境への配慮が叫ばれる中で,ZipCarは着実に新たなサービスの展開を始めたと言えるでしょう。

日本での可能性

おそらく日本ほどZipCarのサービスに適している土壌はないのではないかと思います。とくに都心部では,交通事情や駐車スペースの問題で,平日に車に乗らない人が多く,車検等の維持費やガソリンの値段もアメリカよりも高い。自宅に駐車スペースがないと車を購入する事が難しい,カーシェアリングのシステムを利用する事で得られるメリットは,多くあると思われます。

また,インターネットに加え,モバイルにおけるインフラ・技術が発達しているので,ZipCarのサービスは広く受け入れられやすい事が想像できます。その一方で,現在の法規では,無人のパーキングエリアからネット予約のみで車を借りる事は不可能なため,そのままのサービスを提供できないのも事実です。今後カーシェアリングの考えがより多くの人々に認知され,法的制約が改善されれば,近い将来好きな時に,に好きな車を,好きな時間だけ利用することが可能になるかもしれません。

著者プロフィール

Brandon K. Hill(ブランドン・ヒル)

サンフランシスコに本社を置くグローバルクリエイティブエージェンシー, btrax(ビートラックス)CEO。

Website:http://www.btrax.com/jp
blog:http://blog.btrax.com/jp
Twitter:@BrandonKHill