いま,見ておきたいウェブサイト

第151回 ジャンプPAINT by MediBang,Offline Only,Get a new Lens on life

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

スマートフォンが獲得した人間の目

Get a new Lens on life | About Pinterest

新しくPinterestに実装された機能である「Pinterest Lens」を紹介するウェブサイト,⁠Get a new Lens on life』です。

図6 Pinterestの新機能「Pinterest Lens」を紹介する『Get a new Lens on life』

図6 Pinterestの新機能「Pinterest Lens」を紹介する『Get a new Lens on life』

Pinterestに追加された「Pinterest Lens」は,アプリ上でユーザーが撮影した写真を解析して,画像に関連するタグと関連画像を表示させるという機能です。⁠Get a new Lens on life』では,こうした「Pinterest Lens」の機能が生活をどう変化させるのかを,さまざまな場面をテーマに制作した動画で説明しています。

『Get a new Lens on life』で紹介されている動画のひとつ。カメラで撮影したイチゴから「赤」⁠食べ物」⁠レシピ」などのタグを導き出し,関連する画像を表示させる

情報を判断する主体は,スマートフォンへ

「カメラで捉えた映像や画像を解析して,それらを撮影したユーザーの意図を汲み取り,最適な行動を促す」ことを目的としたサービスは以前からありました。最近では,誰もが利用しているスマートフォンのカメラとAIの技術を用いて,より洗練された形のサービスが生み出されています。

2017年5月に開催されたカンファレンス「Google I/O」の基調講演で,Googleは「Google Lens」を発表しました。この「Google Lens」は,機械学習とAIを応用して,スマートフォンのカメラで映されたものに対して,その場でユーザーへの最適な提案が自動的に実行されるアプリです。

「Google Lens」の一例を紹介したツイート

例えば,英語で書かれた看板を自動的に日本語に翻訳したり,コンサート情報が載ったチラシからチケット購入と開催日のカレンダーへの記入も可能です。もちろん,Googleの提供する各種サービスとの連携も考えられており,まずは「Googleフォト」⁠Google Assistant」に実装される予定です。

今までのカメラは,⁠ユーザー自身がカメラから得た情報をどう使うかを選択して実行⁠するという使い方でしたが,⁠Pinterest Lens」「Google Lens」は,⁠スマートフォン自身がカメラが捉えたものを判断して最適の行動を自動的に実行⁠します。こうしたカメラの情報を判断する主体の変化は,機械学習やAIの技術が大きな進歩を遂げていることを感じさせます。

図7 ドイツの家電見本市「IFA 2017」で,Huawei Technologiesが発表したモバイル端末向けのAI内蔵チップセット「Kirin 970⁠⁠。このチップを搭載したスマートフォンも10月には発売される予定

図7 ドイツの家電見本市「IFA 2017」で,Huawei Technologiesが発表したモバイル端末向けのAI内蔵チップセット「Kirin 970」。このチップを搭載したスマートフォンも10月には発売される予定

高度な機械学習やAIの機能を素早く実行するには,ソフトウェアだけでは限界があります。そのため,スマートフォンの各メーカーでは,データ処理とクラウド側の負担を減らすため,スマートフォン本体に高度なAI処理を行う専用チップを載せる試みを進めています。ソフトウェアだけでなく,ハードウェアでも,さまざまなメーカーによる熾烈な競争が始まっているのです。

例えば,カメラの画像や映像からその人の病状を判断して,受け入れる病院を自動で手配し,救急車を呼ぶ。ソフトウェアとハードウェアの向上が進めば,そんな熟練した複数の専門職と同じ能力をスマートフォンが搭載するのも,そう遠い未来ではないでしょう。人間の目と頭脳を持つスマートフォンを誰もが所持するようになったとき,私たちの生活がどのように変わるのか,今から楽しみにしたいと思います。

というわけで,今回も最後まで読んでいただき,ありがとうございました。それでは次回をおたのしみに。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。