いま,見ておきたいウェブサイト

第157回 Burger King「Project:AOR」,Now in Beta: Upload your music in Spotify for Artists(Spotify),Fresh ways to stay up to date on your favorite places and find new ones(Google)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

いよいよ寒さも厳しくなり,忘年会や初詣などの年末年始のスケジュールを考えている今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいウェブサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

この広告は,人工知能によって作成されました

Burger King「Project:AOR」

"This ad was created by artificial intelligence.(⁠⁠この広告は人工知能によって作成された⁠⁠)"というタイトルで始まる,人工知能が制作したBurger KingのCM

credit:David Miami

アメリカのハンバーガーチェーン, BURGER KINGによる AI(人工知能)を使用した実験的プロジェクト「Project:AOR」です。

プレスリリースによれば,現在,Burger Kingは,革新的なビジネスモデルを開発する「Project: AOR(Agency of Robots:ロボット代理店⁠⁠」を進めており,ハイエンドのコンピューティングリソースとビッグデータ,ニューラルネットワークを使用して,数千のファストフードのCMや業界研究,競争力あるレポートを解析することで,戦略的かつ効果的なコミュニケーションのための洞察を収集して,人工知能に広告キャンペーンを作らせたということです。

上記で紹介した動画は,⁠Burger KingのCMを人工知能に1,000時間学習させてから書かせた」という台本を映像化してもので,その内容は公式Twitterでも公開されています。

公式Twitterで公開された,人工知能が制作したという台本

Burger Kingは全部で4つのスポットCMを用意しており,2018年10月1日から実際にテレビで放映されました。すべてをAIが作成したCMがテレビで放送されるのは初めてだということです。

やがて日常の風景となる“人工知能”

人工知能が作ったという台本を読んでみると,そもそもCMとして使えるかどうか,微妙なできあがりだと感じます。この内容を考えると,今回の「Project:AOR」は,視聴者に伝えようとすることよりも,⁠AIを利用したCM⁠という話題性を優先させたことは明らかでしょう。

実はこのキャンペーンについて,実際に広告を作ったのはAIではなく,CMを担当する広告代理店であるDavid Miamiだとする記事も出ています。

台本の内容や奇妙なナレーション,プレスリリースの配信など,⁠本当にAIが制作した」と思わせるクオリティですが,キャンペーンを行ったBurgerKingのグローバルブランドマーケティング責任者であるMarcelo Pascoa氏は,⁠AIは人間から湧き出るクリエイティブなアイデアの代用にはならない」とコメントしています。

実際の真偽はともかく,今後はこうしたキャンペーンが続々と登場してくることが予想できます。すでに私たちの身近では,さりげなくAIを利用している事例が登場し始めています。まだ⁠AI⁠というキーワードだけで注目される現状ですが,今後は制作の中心でAIを活用したさまざまな事例が登場してくることでしょう。

日本の広告代理店でもAIのプロジェクトを積極的に試みていますし,こうした制作方法で結果が伴ってくれば,AIで行っていることを全面に出すことなく,今まで人間が行っていた領域をAIが担ったキャンペーンが,ごくありふれた日常の風景になっていくことは間違いないでしょう。

人間とAIの協調作業によって,どのようなクリエイティブが生まれるのか。私たちが今までに経験したことのない新しいクリエイティブが生まれるのも,もう時間の問題なのかもしれません。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。