いま,見ておきたいウェブサイト

第162回 2020年特別編 2019年の特徴,2020年のこれから

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2020年もすでに後半に差し掛かっておりますが,みなさま,いかがお過ごしでしょうか。⁠Lançamento - Website, What a Wonderful World!』を運営しているLançamento(ランサメント)です。

『いま,見ておきたいウェブサイト』では,2019年も国内外のウェブサイトやウェブサービス,アプリなどを紹介してきました。ここ最近,連載の更新ができていませんでしたが,今回は「特別編」と題して,2019年に登場したウェブサイトやウェブサービスの背景などを振り返りつつ,残り少なくなってきた2020年のこれからについて,語っていきたいと思います。

特徴その1 「アプリ」「ゲーム」もクラウドで動かす,SaaS時代へ

今や当たり前となりつつあるクラウドサービスは,その利用形態によって,⁠SaaS(Software as a Service⁠⁠PaaS(Platform as a Service⁠⁠IaaS(Infrastructure as a Service⁠⁠」の3種類に大きく分けられます。2019年には,その中でもSaasの領域で多くのサービスが登場してきました。

エンドポイントセキュリティのCrowdStrike,サーバー監視・分析サービスのDatadog,ビジネスSNSのSlack,ビデオ会議のZoomなど,アメリカではSaaSを手掛ける企業の大型IPO(新規株式公開)が相次ぎました。

図1 2019年にIPOを果たした,ビジネスチャットツールのSlack

図1 2019年にIPOを果たした,ビジネスチャットツールのSlack

こうした流れは,日本でも顕著でした。クラウド会計ソフトのfreee,名刺管理サービスのSansan,ビジネスチャットツールのChatworkなど,SaaSを提供する会社のIPOが相次ぎました。

図2 クラウド会計ソフトのfreee。2019年には,日本でもSaaS型のクラウドサービスを提供する会社のIPOが続いた

図2 クラウド会計ソフトのfreee。2019年には,日本でもSaaS型のクラウドサービスを提供する会社のIPOが続いた

こうしたSaaSが拡大している背景には,大容量のデータを取り扱うために必要な,新しい技術の登場が影響しています。その最たるものが,5G(5th Generation)でしょう。5Gの特徴として,⁠通信速度の高速化(最大20Gbps⁠⁠低遅延(タイムラグの減少⁠⁠多数の同時接続」が挙げられます。そのどれもが,SaaSの質を向上させるために必要なものです。

図3 ゲーム業界に「クラウド・ゲーミング」を再認識させた,GoogleのクラウドゲームサービスStadiaも,5Gの技術が基盤となっている

図3 ゲーム業界に「クラウド・ゲーミング」を再認識させた,Googleのクラウドゲームサービス「Stadia」も,5Gの技術が基盤となっている

スマートフォンの性能向上も見逃せません。これまでは端末側でデータを処理することは難しく,クラウドへのデータ転送にも時間がかかっていました。近年の性能向上で,スマートフォン側でデータ処理を行い,必要な結果だけをクラウドへ送信するという「エッジコンピューティング」が進んでいます。

クラウドで行っていた作業をスマートフォン上で実行できれば,クラウドの負担が減るだけではありません。スマートフォン内のプライベートな情報を端末内にとどめることで,個人情報とプライバシーのセキュリティー向上も実現できます。

データ保存についても,万が一のデータ復旧も早く,ローカルのバックアップよりも安全で確実です。またセキュリティ面でも,大規模なデータセンターを運営する会社が,セキュリティのために人材と膨大な金額を投入していることを考えれば,企業や個人レベルでのセキュリティとは比較にならないレベルでの保護が行われます。

クラウドの持つ技術と新たな技術の登場によって,今後はSaaSが続々と生まれてくる時代になるはずです。

特徴その2 “マップ戦国時代”のはじまり

スマートフォンの普及に伴って,ユーザーが検索を始める方法は大きな変化を迎えています。

「調べたい」と思ったとき,⁠ブラウザから検索する⁠以外にも,滞在時間の長い⁠SNS上からの検索⁠や文字入力の煩わしさがない⁠音声による検索⁠など,ユーザーがデバイスを利用する状況に応じて,検索の出発点が多様化してきました。

多様化する検索の出発点の一つとして,ユーザーの利用が拡大しているのが,地図サービスです。

図4 公共交通機関の情報とARナビのライブビューの強化,ローカルガイドのフォロー機能などが追加されたGoogleマップアプリ

図4 公共交通機関の情報とARナビのライブビューの強化,ローカルガイドのフォロー機能などが追加された「Googleマップアプリ」

2019年には,地図サービスの定番とも言える「Googleマップ」が大幅な機能のアップデートを行いました。利用者が最も多いと思われるスマートフォンのアプリでは,新しいデザインの導入だけでなく,使い勝手を向上させる新機能が数多く追加されました。

図5 大幅な改良が加えられた,Appleのマップアプリ。自動車や歩行者を使って,日本でも地形データを日々収集している

図5 大幅な改良が加えられた,Appleの「マップ」アプリ。自動車や歩行者を使って,日本でも地形データを日々収集している

また「Googleマップ」と比較され「非常に使いづらい」と評されていたAppleの「マップ」アプリも,iOS 13へのアップデートとともに,多くの改良と新機能を追加しながら進化してきました。

どちらの地図サービスも,地図のアプリでありながら,位置情報以外の情報を提供することに力を入れてきています。

ユーザーの行動を考えれば,日常の中で地図を確認する回数も多く,さらに地図を見てからの様々な行動(ルート検索や店舗への予約など)が考えられるため,地図内に必要な情報を集約するのは理にかなっています。

さらに地図上への情報集約が進めば,ユーザーの行動と地図とを関連付けた新たなサービスを提供できるため,ビジネスも拡大できます。

図6 ゼンリンの提供する「3D高精度地図データ」を採用した,日産自動車のインテリジェント高速道路ルート走行プロパイロット 2.0

図6 ゼンリンの提供する「3D高精度地図データ」を採用した,日産自動車のインテリジェント高速道路ルート走行「プロパイロット 2.0」

こうした流れの中,じわりと拡大しているのが,自動運転に必要不可欠な地図サービスです。

自動運転の基盤となる「ダイナミックマップ(高精度の3D地図とリアルタイムの地図情報を組み合わせたもの⁠⁠」に関しては,オランダのTomTomやHEREと日本企業との連携が発表されるなど,自動車に搭載したセンサーから作成する地図のスタンダードとなるべく,各社の動きが活発になっています。

地図と情報とユーザーの行動をリンクさせたサービスは,これからも続々と登場してくるでしょう。サービスの多様化で,⁠Google Maps一強⁠時代もゆっくりと変化しつつあることを感じた一年だったのではないでしょうか。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。